« 小池百合子氏の都政の透明化とある都議の自殺。 | トップページ | 米国情報関係者周辺で「次はユリコね」 »

2016年7月31日 (日)

障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた大量殺人事件は偽旗。その目的は何か。

 7月26日、神奈川県相模原市の障害者施設「やまゆり園」で起きた、19人死亡、25人重軽傷の事件は、偽旗の可能性が高い。

 そう思う理由を列記してみる。

●死亡者の氏名を発表しないこと。
●犯行時間約50分。ガラスを破って侵入し。5人の職員を結束バンドで縛る。施設内はいたるところにカギがかけられていた。そのカギを開けながら、犯行に及んだ人数は、計44名。

Photo  上の画像は、毎日新聞社さまからお借りしました。

 上の画像の様にカギがかけられている部屋を開けながら移動して、44名を殺傷することは、時間的にとうてい無理としか思えない。

●自首した植松容疑者が所持していたのは、包丁とナイフ合わせて3本。これで、44名を殺傷することはできない。

 では、この偽旗作戦の目的は何なのか?

 昨日7月30日の東京新聞朝刊トップ記事は、「ヘイトクライム許さない」だった。

Dsc00436

 ピーンときた。これが目的だと。いや、目的の一つだったというべきだ。目的は一つではないだろうから。

■目的1・ヘイトクライム関連法を成立させたい。

 ヘイトクライムとは、

ヘイトクライム: hate crime憎悪犯罪[1])とは、人種民族宗教性的指向などに係る特定の属性を有する個人や集団に対する偏見や憎悪が元で引き起こされる暴行等の犯罪行為を指す[2]。アメリカ連邦公法によれば「人種・宗教・性的指向・民族への偏見が、動機として明白な犯罪 (Public Law101-275) 」と定義されている[3][4]前田朗によれば「人種・民族・国民的な差異をことさらにターゲットにして行われる差別行為とそうした差別の煽動」[5]である。

 各国のへイトクライム関連法をみると、アメリカ合衆国はもちろん、イギリス、イタリア、ドイツ、フランスと制定されている。

 日本の場合、 

日本では、偏見の存在が動機として明白な犯罪を、他の犯罪と比較して特別に重く扱うことを規定した一般法や特別法は制定されていない。ヘイトクライム立法を求める意見があるが、思想の自由表現の自由との兼ね合いや恣意的な運用への懸念から、ヘイトクライム立法はなされていない[37]

これに対し、「2000年代後半から断続的に繰り返される在日特権を許さない市民の会などのデモや一連の行為は、ヘイトクライムであり、ヘイトスピーチを含むヘイトクライムの法規制を検討すべきだ」と法学者の前田朗は指摘する[38]。 前田は、全体的な研究課題を整理して 1 立法事実論、2 ヘイトクライム統計法、3 比較研究法、4 立法政策論、5 憲法論、6 人種差別扇動処罰規定の可否、7 警察と裁判所の権限の可否、8 具体的な犯罪規定の検討など8つの論点を上げ、さらに世界各国の具体的な犯罪規定としてはイギリス、チェコ、ケニアなど50か国の「ヘイトクライム規制 法」を例示し[39]、ヘイトクライム法の対象として物理的暴力などによるもののみならずヘイトスピーチをも人種的憎悪扇動に含め「表現の自由を守るためにも今日、増加している人種差別や憎悪扇動の発言を規制する必要がある」と主張している[40][41]

2013年5月30日の参議院法務委員会において参議院議員有田芳生は、日本における人種差別の問題について取り上げた際に「人種差別法、あるいはヘイトスピーチ、ヘイトクライム」という言葉を用いながら[42]、具体的な人種差別事例を示した上で、日本における人種差別の実態に関する調査委員会などの設置をうながした。これに対して法務大臣谷垣禎一は 「人権擁護機関としては、先ほど申し上げた啓発活動というだけではなく、人権相談あるいは(中略)調査活動(中略)人権侵犯事件。そういう観点から(中 略)人権状況の把握には我々も力を入れて努めなければならない」が、「今の人権擁護機関の仕組みを超えた調査機関を設けるということは現時点では考えてお りません」と答弁した[42]

 

 谷垣貞一氏という良識派政治家が自民党にいるために、ヘイトクライム関連法案はできないでいるわけだ。

 ところで、谷垣氏は、7月16日、都内でサイクリング中に転倒し、頸髄損傷で入院していた!

谷垣禎一幹事長は頸髄損傷で手術 自民党が発表、復帰のめど立たず

 谷垣氏は、やられたということなのか!?これで、反対する人はいないということになりそう。




あと、気になったのが、措置入院。普通、延々と入院させられて薬漬けにされているのが措置入院と思っていたが、植松容疑者の場合、たったの12日間と異様に短い。親も同居していない、一人暮らし。あり得ない設定で、措置入院から退院してきて、犯罪を犯したことになっている。措置入院した病院名も担当医の名前も明らかにされていない。

措置入院の病院に厚生労働省が立ち入り調査7月29日 18時36分

相模原市の知的障害者 施設で、入所者などが刃物で刺されて19人が死亡、26人が重軽傷を負った事件で、厚生労働省は29日午後、逮捕された元職員の男が措置入院をしていた病 院に専門の調査チームを派遣し、関係した医師から話を聞くなど、法律に基づく立ち入り調査を行いました。

こ の事件で、逮捕された元職員、植松聖容疑者(26)について、相模原市はことし2月中旬に、医師の診断に基づき強制的に入院させる措置入院の対応を取りま した。その後、医師が「他人を傷つけるおそれがなくなった」と、診断したことから、市は12日後に措置入院を解除し、植松容疑者を退院させましたが、本人 や家族に直接会うなどの対応はとらず、退院後の状況は確認していなかったということです。

厚生労働省は、退院をめぐる当時の判断や詳しい 経緯を調べるため、29日午後、入院先の病院に調査チームを派遣し、精神保健福祉法に基づく立ち入り調査を行いました。厚生労働省は、当時のカルテを調べ たり、医師に聞き取りをしたりして、病院の対応を検証するほか、相模原市が措置入院を解除する際の判断や退院後の関わりについても詳しく調査し、再発防止 策について近く本格的な検討を始めることにしています。

相模原市も入退院の課題検証へ

相模原市は29日午後に記者会見を開き、逮捕された男が措置入院から退院したあとの対応に、どのような課題があったのか、関係部署と連携して詳しい検証を進めていく考えを示しました。

ま た、今回の事件について、市にはこれまでにおよそ100件の苦情が寄せられていることを明らかにしました。このなかには、植松容疑者が大麻を使用していた ことを、なぜ警察に伝えなかったのかなどの内容が多いということです。市は相談窓口を設けて、事件によってストレスや不安を感じている人たちの心のケアに あたっていくということです。

目的2・現在、法律上定めのない退院後の措置について、法律を作り、フォロー体制を構築したい。→山東昭子元参議院副議長:「私どもも法律をきちんと作って、犯罪をほのめかした、主張した人物については、GPSを埋め込むようなこと。何がいいのかもちろん、これから議論すべきだと思いますけれども」

相模原偽旗テロ事件直前、夏休みだった安倍晋三が、オウムのサティアンがあった鳴沢村(安倍晋三の別荘がある)で、日本精神科病院協会会長と懇談

 日本精神科病院協会会長が、安倍晋三首相に何かおねだりをしたと思われるが、それが何なのかはわからないし、この事件に関係しているのかどうかも分からないが、気になる。

 後、他にも目的がある可能性があるが、今のところ私に考えられるのは、以上の2点。




 ついでながら言わせていただくと、

日本は精神病院が世界で一番多い国だった~患者の5人に1人は日本人 

 精神科は、医療保険料や生活保護費をむしゃむしゃ食ってる。生活保護者への薬はいくら処方しても本人はタダ。税金から支払われる。生活保護を申請しても断られて餓死した方もいらっしゃるのに、精神薬を飲んでいる人に対してはたやすく支給される。生活保護は人を助けるために使われず、製薬会社への送金装置といえそう。

 そして、その薬は、麻薬覚せい剤と同じもので、べらぼうに高いから医療保険や税金をむしゃむしゃ食ってるってこと。

 そして、飲めば飲むほど頭がやられて、最後には廃人となる。薬が変わったり、減薬、断薬することにより、七転八倒の禁断症状が出て、日常生活ができなくなる。自殺や他害念慮が半端ない激烈さで出てくる。これは、犯罪だとしか思えないが、被害者の方が犯罪者にされて葬り去られてしまうという理不尽さ。

向精神薬は麻薬と同じ 内海聡 抗うつ薬は対処療法根本解決にはならない 薬物依存を生むだけ

 ただですね、今日は向精神薬の問題についてっていうことで、言っておかなきゃいけないのは、まず向精神薬っていうものは、覚せい剤とかですね、麻薬とかですね、そういう違法ドラッグと呼ばれるものと、作用生地も、全然変わりはないですし、禁断症状も、後遺症も、基本的に全く変わりはないということをですね、今世界中で言われているわけですけど。


 あと、この44人殺傷事件について気づいたこと

 2012年6月3日、オウムの菊地直子が潜伏先で逮捕されたが、その潜伏先とは、神奈川県相模原市緑区城山3-2-40。ボロボロの家屋で、グーグルアースで今でも見える。

 やまゆり園(11年前に民営化)は、神奈川県相模原市緑区千木良476で、同じ緑区で、近所と言える。

死傷者収容先の北里大学病院は、731部隊と関係あるみたいだし。
神奈川県相模原市南区北里1−15−1

 

近くに、キャンプ座間もある。
神奈川県相模原市 座間市キャンプ座間

よろしかったら、クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 薬疹・薬の副作用へ
にほんブログ村

« 小池百合子氏の都政の透明化とある都議の自殺。 | トップページ | 米国情報関係者周辺で「次はユリコね」 »

やまゆり園事件」カテゴリの記事

偽旗作戦」カテゴリの記事

医療」カテゴリの記事

薬害」カテゴリの記事

コメント

香菜子さん

コメントありがとうございます。

今回の事件の狙いは、精神疾患を持つというか、危害を加えるかもしれないと判断される人に対して、措置入院をどうするか、退院後のケアの具体策、GPSを埋め込むなどの対策を法制化して導入したいということがあるようです。

もちろん偏見も恐ろしいですが、政府が導入しようとしていることがもっと恐ろしいです。

弱者に対する真のケアをするやさしい政府を持ちたいですね。

香菜子と言います。今回の事件で精神疾患・精神障害に対する偏見が強まってしまったら悲しいことです。わたしは精神疾患・精神障害、具体的には統合失調症の家族を持っているので、少し自分勝手で偏った傲慢高飛車な意見かもしれないけど、精神疾患・精神障害の患者さんの多くは平穏に暮らしながら病気に立ち向かっていると思うんです 香菜子

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603465/63988384

この記事へのトラックバック一覧です: 障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた大量殺人事件は偽旗。その目的は何か。:

« 小池百合子氏の都政の透明化とある都議の自殺。 | トップページ | 米国情報関係者周辺で「次はユリコね」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

政治・社会問題

無料ブログはココログ