« 特区推進のための都知事選。しかし、鳥越氏出馬でシナリオに狂い。 | トップページ | 東京都知事選、だますゴミに注意。 »

2016年7月19日 (火)

天皇生前退位報道-しゃべった人はキチンと出てきて釈明するべき-わかりやすい佐藤優氏の説明

 天皇生前退位報道は、一読して、違和感というか不信感を持ったが、元外務官僚佐藤優氏がわかりやすく説明しているので、ご紹介したい。

【佐藤優】天皇陛下の生前退位は全くの嘘!デタラメ!リークした人物とは?




(情報の出所が)宮内庁関係者となっているが、宮内庁長官と次長が否定しているということは、宮内庁という組織は一体のはずですから。それにもかかわらず、宮内庁関係者というクレジットでリーク。

一方で言わないというウソは、通常つかないですから、宮内庁の中でそっちのラインじゃないとすると、侍従長のラインということになってきますよね。

そっちの方が言っているのか、消去法から行くとそれしか考えられないですけれども、これは、憲法体制にもかかわる話で、少なくとも、皇室典範に関わる話だから、こういうことがリークで動いてはいけないんです。

こういったことは、本来、宮内庁長官の会見なり内閣会見なり官房長官の会見なりで、表明されなければいけない。国政に関する権能を有さない内閣の助言と承認によって賦活される憲法上の制約があるわけですから、リークによってこれが大きなニュースになって、しかも、宮内庁長官と次長が明確に否定していることを、各社一面トップで打っているというのは、しゃべった人の責任はすごく大きいと思うんですよ。

しゃべった人はキチンと出てきて釈明するべきですね。

ご意向という明らかな意思ですから、それを表明するときにリークという形でやっていいのか、これは日本の憲政状の根本にかかわる問題なんですね。

それは、正式な会見で責任主体が明確である形でやらなければならないわけです。究極的には内閣の責任が明確になってなければいけないわけだけども、政府関係者、じゃ、内閣のだれなんだということが、全然明確じゃない。

新聞記者たちは知っているわけですよ。書いていないだけで。国民だけが知らされていないわけですよ。

でも、逆に、宮内庁が、そういう事実がないと言っているわけですから、宮内庁長官と次長が、事実があるのにないと言っているのだったら、宮内庁長官と次長を辞めてもらわないとダメですよ。ウソついたことですから。どうなってんですかという話。

これだけ重要な問題において、政府関係者が言っているということなんだけども、少なくともそこを担当している組織の最高責任者とナンバー2が否定しているという、日本政府の中で前代未聞のことが起きていますよ。

山本次長は、「今後の対応を検討していることも一切ない」と、全く嘘っぱちだと言っている。
だから、そういうことを言っているのだったら、どっちかが事実じゃないことを言っているわけですよね。これだけ重要なことだから責任をとってもらわなければいけない。変な話ですよ。

そこの所へ焦点が向かっていないですよね。
今は、陛下の体調に思いが入っていて、それは激務だから、

今は、この問題だからいいですよ。しかし、陛下がこういったご意向ということで政府関係者が憲法改正であるとか、そういったような問題ですよ。こういったご意向であるという形で、政府関係者が言っていた、宮内庁長官は否定していると。しかし、政府関係者から出ているということで、ドンドンニュースが出てくるということになったら、日本の民主主義制度の根幹にかかわってきますよ。

ですから、この入口の所で、国民の気持ちとしては、それはもう体調のこともあって、もっともとのことはわかるんですが、そこに乗っかって手続きがおかしくなっているというのは、非常に抵抗を覚えますね。民主主義は手続ですから。

これは、責任とってもらわなければいけないと思います。

私は、だいたい顔が浮かんでいますからね。あいつしかいないぐらいの顔が浮かんでいますから。宮内庁長官と次長が否定したら、宮内庁にはもう一つのラインしかないわけだから、そうすると、ある人物に特定されるに決まっていますからね。

侍従のライン

河相周夫(かわい ちかお、1952年11月22日 - )は、日本の外交官。侍従長(第9代)。

外務省北米局長、外務省総合外交政策局長、内閣官房副長官補、外務事務次官、外務省顧問、式部長官などを歴任した。


2013年6月、通常2年以上の在職期間となる外務事務次官職を10ヶ月弱で退任。次官就任前から作家の佐藤優による批判をたびたび受けており、とあるから、リークした人物として佐藤優氏に浮かんだ顔は、この人かも。

2013年8月1日 - 株式会社伊藤園顧問→つまり、創価学会員か?



小田野 展丈(おだの のぶたけ)は、日本の外交官。宮内庁東宮大夫。

宮内庁式部官長(第11代)、ミャンマー駐箚特命全権大使、欧州連合政府代表部特命全権大使、特命全権大使(査察担当)などを歴任した。



よろしかったらクリックお願いいたします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

« 特区推進のための都知事選。しかし、鳥越氏出馬でシナリオに狂い。 | トップページ | 東京都知事選、だますゴミに注意。 »

マスコミ」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

皇室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603465/63937765

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇生前退位報道-しゃべった人はキチンと出てきて釈明するべき-わかりやすい佐藤優氏の説明:

« 特区推進のための都知事選。しかし、鳥越氏出馬でシナリオに狂い。 | トップページ | 東京都知事選、だますゴミに注意。 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

政治・社会問題

無料ブログはココログ