« 9・26「ヒラリー・クリントンVSドナルド・トランプ」初討論会で、ヒラリー側に疑惑いろいろ | トップページ | 宇宙の原則「引き寄せの法則」愛と調和と平和が、人や地球を救う。 »

2016年10月25日 (火)

自民党の憲法改悪とTPP加盟

 ずいぶん久しぶりの更新になる。


 日本国は、日本国民の意思を無視して、憲法を改悪して自衛隊を米軍の傭兵にする、駆けつけ警護を認めて戦争に積極的に参加しようとしている、そして、TPPに加盟して、グローバル資本へ日本人の権利のすべてを剥奪させる方向へと向かっている。



 自民党の憲法改悪で、日本人の一切の権利は、国家の下に位置づけられることになるが、その上、TPPに加盟するとなると、日本国はグローバル資本下となる。
 つまり、グローバル資本→日本国→日本人というヒエラルキーとなり、TPPのような条約を結んでしまった国家であっても、グローバル資本に立ちむかっている国とは違い、日本国自体が、グローバル資本の下請けとなり、日本人の弾圧を行う国となるのではないだろうか。もちろん、弾圧を行う原資は、日本人から吸い上げた税金からである。



 今、高江で、日本政府が米軍の下請けとなり、高江住民の意思を無視して、警察や機動隊を駆使して弾圧し、ヘリパットを建設しているが、TPP下の日本では、日本政府がグローバル資本の下請けとして、日本国民を弾圧する光景が見られることになるのだろうと思う。



 TPP加盟でグローバル資本のやりたい放題がまかり通り、日本人のものはすべて剥奪されようとするが、日本政府は、それをやる手伝いを積極的にするのではないかと思う。


 憲法改悪は、ただ、戦争に参加したいだけではなく、グローバル資本による日本人の制圧をも完璧にするためというのがありそうだ。



高江ヘリパット



よろしかったら、クリックお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

« 9・26「ヒラリー・クリントンVSドナルド・トランプ」初討論会で、ヒラリー側に疑惑いろいろ | トップページ | 宇宙の原則「引き寄せの法則」愛と調和と平和が、人や地球を救う。 »

TPP」カテゴリの記事

在日米軍基地」カテゴリの記事

憲法改悪」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

軍事関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603465/64397086

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党の憲法改悪とTPP加盟:

« 9・26「ヒラリー・クリントンVSドナルド・トランプ」初討論会で、ヒラリー側に疑惑いろいろ | トップページ | 宇宙の原則「引き寄せの法則」愛と調和と平和が、人や地球を救う。 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

政治・社会問題

無料ブログはココログ