« マティス国米国防長官・真っ先に韓国→日本訪問が意味するもの | トップページ

2017年2月11日 (土)

【法案を提出させてはいけない!】共謀罪が成立→反対の声を上げることすらできない暗黒の世界へ

 戦争がしたくてたまらない安倍晋三首相は、戦争反対を封じ込めたいので、そのために欲しい武器が共謀罪。

 政府というのは、私たちの国民の税金で運営されているのに、だから、私たちに足を向けて眠れないはずなのに、私たちの言論を封じて、私たちを如何様にでもできるようにしたいのだと思ったら、いったい政府って何なのだろうと思ってしまうのだが、それは、日本が民主主義国家だという間違った思いこみがそうさせてしまっているのだろうな。

 江戸時代は、武士とその他で構成されていて、まさしく二極化していた。明治維新後も政府とその他に二極化していて、一般人は政府の言うがままにするしかなかった。戦後、民主主義がもたらされたが、国民がぼけっとしている間に、戦前の支配層が復活して、また、戦前に戻されようとしている。その切り札が平成の治安維持法である共謀罪。この共謀罪が成立してしまうと、日本は政府(支配者層)とその他に二極化されてしまい、私たちは、政府様にお仕えするのみとなり、意見は言えないってこと。戦前に戻るわけ。



http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/198739/5


――結局、そこまでして600もの数の共謀罪を作りたいというのには、政府に別の目的があるとしか思えません。

 私は共謀罪法案は、特定秘密保護法、安保法制に続く、第2次安倍政権の総仕上げに当たる法案だと思っています。安倍政権は「日本を戦争のできる国」「戦争をする国」にしたい。今後、集団的自衛権に基づいて、自衛隊が海外派兵され、現地での戦闘行為が予想されます。自衛隊員に死者が出るかもしれない。そうすると国民から戦争反対の声が上がりますよね。そこで、
戦争反対という運動を弾圧する手段が必要であり、そのための武器が共謀罪なのです。共謀罪法案の成立後は、運動団体の構成員が日常的に監視され通信傍受の拡大や室内盗聴を可能にする法律も作る。国民を監視下に置くことによって、反対の声を上げることすらできない暗黒の世界を作ろうとしているのです。何か政府にとって都合の悪い運動があれば、その構成員を摘発する。そういう形で政府に歯向かうことを許さず、国民を政府の言うなりにするまさに独裁国家の完成です。この法案を認めたら、もう後には戻れない。私たちは極めて重大な岐路に立っていると思います。

« マティス国米国防長官・真っ先に韓国→日本訪問が意味するもの | トップページ

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603465/64880901

この記事へのトラックバック一覧です: 【法案を提出させてはいけない!】共謀罪が成立→反対の声を上げることすらできない暗黒の世界へ:

« マティス国米国防長官・真っ先に韓国→日本訪問が意味するもの | トップページ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

政治・社会問題

無料ブログはココログ