農業

2017年1月26日 (木)

「都、農地買い取り+活用へ」→警戒した方がいいのでは。

 東京都の小池百合子知事は、23日、都市部の農地の減少を食い止めるため都が農地を買い取り、子供や障害者の体験農場として活用するモデル事業を2017年度から始める方針を明らかにした。知事が業界団体に直接ヒアリングし、都市農地の保全要望を受けたことに対応する予算措置の1つで、17年度予算案に8億円を計上した。(東京新聞1月24日付朝刊)


 上に書かれていることをまっすぐに受け取れば、悪くない政策だと思えるが、国や地方公共団体が、愛宕山近辺住民のために活用するとして騙して愛宕山を手に入れて、その土砂を米軍基地拡張に使ったあと、その跡地は結局米軍住宅にされてしまったという、すごい例を知っているだけに、この東京都の農地活用も、農地を手に入れるための騙しではないかと疑ってしまう。


 最初は、見せかけの計画通りに勧められると思うが、舌の根も乾かぬうちに赤字などを理由に、外資へタダ同然で転売されるとか、


 公設民営とやらで、大枚の税金を出して施設設備を整えて、税金の運営費を渡して、民間に運営を任せるという方式をとるとか。つまり、経営者は何もしないでも税金で左うちわ、働いている人は経営者の収入を最大にするためにワーキングプアに置かれる。

 なんてことを考えて、警戒した方がいいのではないかと思う。

 

 極東最大級の基地、岩国米海兵隊基地が拡張された経緯は住民騙し。
反戦・反基地ブログ 様より)

愛宕山開発は、岩国基地の滑走路沖合い移設のための埋立用土砂を採取し、その跡地を住宅団地や病院など市民のために活用するという名目の開発計画でした。

米軍基地に平地の大部分を占有されている岩国で、騒音や米軍犯罪など基地被害の軽減と、少しでも暮らしやすい町になればとの願いで、愛宕山地区の住民は、住民の憩いの場であった愛宕山をダイナマイトで削り取る長年の土砂採取工事に耐えてこられました。

しかし、埋立土砂の採取が終わったとたんに、その計画が赤字を理由に中断され、跡地を国に売って、国はそこに米軍住宅を作るという動きが明らかになり、愛宕山住民は「はじめから米軍住宅を作るつもりで住民をだました」「これは詐欺だ」と怒っています。


よろしかったら、ポチッとお願いします!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

2016年6月26日 (日)

アベノミクス第三の矢は、安倍氏にとってにっくき岩盤規制を壊すドリルだった。

 アベノミクス第三の矢●民間投資を喚起する成長戦略だけど、自民党改憲案とアベノミクス素人なりの解釈 で、よくわからずに、適当に書いてしまった()

 それで、再度書くことにした。

 第三の矢は、

●民間投資を喚起する成長戦略 として、以下の項目が並べられている。

・「健康長寿社会」から創造される成長産業
   ・「日本版NIH:国立衛生研究所」  
・全員参加の成長戦略
・世界に勝てる若者
・女性が輝く日本

 これらが、小泉政権から始まり、菅政権を経て、現安倍政権が仕上げようとしている構造改革だった。彼らが岩盤規制というところの私達を守っている規制を取っ払って、新しい産業を創出しようというものだ。

 なにせ、安倍首相は、2014年ダボス会議で、「いかなる既得権益 も私のドリルの前に無傷ではいられない」と言い、同年6月、英紙フィナンシャル・タイムス誌に「私の第3の矢は日本経済の悪魔を倒す」と題して寄稿し てるからね。で、法人税率の引き下げ、規制撤廃、エネルギー、農業、医療分野の外資への開放を言明している。国民への約束である公約は破り捨てても、この約束を必死で実現しようとしているわけだ。

 

 では、一つ一つ見ていくことにする。

・「健康長寿社会」から創造される成長産業(規制・制度改革) その鍵の一つが、再生医療・創薬
   ・「日本版NIH:国立衛生研究所


 

 こちらから、引用させていただきます。

 そこで、効率的かつ効果的なサービス提供を実現するために何と言っても欠かせないのが「民間主導型サービスの創造(創造型ニーズ)」への転換である。具体的には、健康寿命を延伸するためのシニア・コミュニティなどである。
 そして、そのときにカギとなるのが、現行制度を取り巻く規制・制度の変革である。
  変革すべき制度・規制としては、主に3点。第1に、「サービスの基礎となる実施主体の参入障壁の見直し」である。特に、株式会社による設置・運営主体とし ての医療分野への参入は重要な課題であり、あわせて法人種別間のイコールフッティング(税制度、附帯事業などの整合)に取り組んでいく必要がある。
 第2に、「外国人資格者の登用」である。EPA(経済連携協定)などを通じた外国人人材の育成・受け入れの推進とともに、施設などの配置基準の見直しを検討していく必要がある。

 高齢者に介護サービスをして儲けようという商売は、自民党悪政が続き蓄えもない老人が増えている現在、利用できる人がそう多くないと思われるから、ごく一部のお金持ちだけが受けられるサービスといえそう。

 医療や介護は制度として公が運営するから成り立っているようなもの。また、人を多く使う仕事ともいえるので、これを営利企業にしてしまうと、利益を最大限にするために、低賃金の外国人を使ってがめつく人件費を節約しようというもの。お金を取ることばっかり考えて、払うことは極力ケチる(特に日本国民に対して)わけで、看護師や介護する人も日本人を排除して外国人を使うとなると、大量の日本人は仕事を失うことになる。排除はしていない外国人と同じ低賃金でよければということなのだろうが。外国人は経済を海外へ持ち出すことになるし、ますます庶民の経済は縮小する。

 医療・介護を「制度型ニーズ」から「創造型ニーズ」に変えるというのは、株式会社化するということ。
 このようなお金のかかる医療や介護はお金持ちしか受けられないだろうから、曽野綾子が言っているのは、お金を持たない高齢者は、公的サービスで生きのびようなどと考えずに早く死んでねということなのだろうね。麻生太郎も同じ。

 「日本版NIH:国立衛生研究所」では、産官学が合体して、再生医療・創薬するというものだから、製薬会社が、官と学に深く結 びつくようにするものといえそう。官僚と大学を企業のために働かせるようにするためか?大学を独立行政法人にしたのは、これが狙いだったのかね。税金と民間企業 から集めた資金とで運営される。私企業の研究に官学が協力して、その研究費に税金が使われるということだよね。厚かましいんじゃないの?どうかしてるよね。

 
・全員参加の成長戦略

 は、失業なき労働移動なのだそうで、つまりは、正社員をゼロにして、一億総派遣にするということらしいよ。しかし、このキャッチコピーじゃわからないよね。

ポイントは3つ

1、再就職のための従業員の能力開発を支援する企業などに払う労働移動支援助成金の拡充。

2、職業紹介などの人材サービス会社が活動しやすくする規制の見直し。

3、裁判で不当解雇と判断された際の金銭解決制度の検討だ。


 再就職のためということは、その企業は解雇したということであり、解雇した従業員を能力開発を支援する企業へ送る時に、その企業に払うお金を補助金として援助するってことと思ってよいのだろうか?従業員をクビにしても、企業の懐は痛まないよう、税金で面倒みますということ?

 そして、派遣会社がやりやすいように労働者を保護する規制を撤廃するということだろうね?もし、派遣会社が裁判で負けた時にはこれまた税金で救済しますということみたいね。ずいぶん企業側に都合の良いことばかり。ひどっ!労働者があまりにかわいそう。

 

・世界に勝てる若者

これがまたよくわからない。安倍首相は、求められるのは「国際人材」なので、学生が就職活動にとらわれ、能力を伸ばす機会を失わないように「就職活動の後ろ倒し」を実現する。って、意味わかります?

給付型奨学金を出しなさいよ、大学の入学金授業料を引き下げなさいよと思う。

あ、そうか。若者のためと思うと分からないけど、企業のために「就職活動の後ろ倒し」をするということなのかと思って検索すると、

やはり、そうみたいだ。

http://toyokeizai.net/category/shuukatsu_enki

 

 

・女性が輝く日本

これはたぶんやる気ないと思う。

 

待機児童ゼロを目指す。

 

家事や育児に専念後の本格仕事復帰を実現するため、

3年間抱っこし放題での職場復帰」を総合的に支援。

 

「子育て後の再就職・起業支援」により、

長年子育てに専念してきた女性の再就職を支援し、

さらに、子育ての経験を活かし会社を立ち上げようとする女性に、

起業・創業時に要する資金援助も用意する


 以上、自民党改憲案とアベノミクス素人なりの解釈に書いたアベノミクス第三の矢があまりにお粗末だったので、再度、調べて書き直しました。


よろしかったら、クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

2016年6月12日 (日)

このブログの趣旨

 このブログを始めるにあたって、このブログの趣旨を述べておきたいと思います。


 息子が精神医療に引っかかり、減断薬して七転八倒の禁断症状を切り抜けたものの、いまだ後遺症に苦しんでおり、家族ともどもまだ地獄中ではありますが、それをきっかけにして、医療でいえば、精神薬・ワクチン・抗がん剤・認知症治療薬・糖尿病治療薬・等々が、私達の健康に寄与するのではなく、その真逆の方向性を持っていることや、医療だけではなく、遺伝子組み換え植物、農薬汚染、添加物汚染と、食糧事態が毒にまみれていることを知り、とても危機感を持っています。

 また、これだけではなく、いまだ収束していない福島原発から漏れ続ける放射性物質による環境汚染、それだけではなく、放射性瓦礫や除染で出た汚染物質が、全国へばら撒かれ、放射能汚染の全国化が進められている有様です。私たちが暮らす環境自体が、毒まみれにされつつあります。


 つまり、私たちの健康が損なわれる事態が着々と進められています。


 私たち庶民が支払った税金なり保険料等は、私たちのために使われず、むしろ、私達へ毒を撒き散らすためや環境破壊に使われています。これで儲けている企業なり人がいるのですね。


 薬害や毒まみれの食糧や環境破壊の実態について書いていきたいと思います。

 政治、経済についてもおかしなことだらけ、これらについても書いていきたいと思います。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 薬疹・薬の副作用へ
にほんブログ村

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

政治・社会問題

無料ブログはココログ