偽旗作戦

2017年1月28日 (土)

国家主権なく米国の衛星国であると言うことが、日本にとって最大の問題。

 民間企業デルから出向してNASで業務に当たっていたエドワード・スノーデン氏が、「NSAは世界中の全ての人の通信を全て収集している」と暴露したのが、2013年。

 日本では、「米諜報機関がメルケルドイツ首相の携帯電話を盗聴していたことがバレて、メルケル首相が激怒した」という風な報道はなされたが、何か他国のことのような感覚で、日本もドイツに対すると同様なことが行われているとは思わなかった。日本の報道機関は、報道機関として全く機能していない。戦前のまま、政府の取り巻き、御用聞きとして、国会前の国有地に税金で建てた記者クラブ会館を無料で使っている。日本政府が米国にマウンティングされている状態だから、その付録のような報道機関は、米国諜報機関が日本で何をしているかなど、報道できないってわけ。菅官房長官は、「首相携帯は問題ない」で、問題に蓋をしようとした。

スノーデン氏が大暴露!米が外国指導者35人の通話を盗聴!EU首脳会議で怒りの声が相次ぐ!菅官房長官「首相携帯は問題ない」

 Wikipediaによると、クラッパー国家情報長官らがNSAによる外国首脳に対する長年に亘る盗聴を認めている。

2013年10月にはクラッパー国家情報長官らがNSAによるドイツのメルケル首相ら35人の外国首脳に対する長年に亘る盗聴を認めた[101][102]。一部はすでに中止されたが、一部は有益な情報をもたらしているとして継続されているという。また、盗聴の対象はNSAが独自に決定しており、オバマの承認は得ていなかったとしている。NSAは数多くの盗聴を行っているため、全ての活動について大統領に報告することは現実的ではないという[101]

 NSAは大統領に報告せず独自に動いているようだ。

 ちなみに、NSAはその存在自体ないとされたり、世間に知らされていない謎の機関だったらしい。スノーデン氏は、その存在とやっていることを白日の下にした。

 米国にはCIAという有名な諜報機関があるが、これは「国家安全保障会議の直轄機関であり、アメリカ軍からは独立して存在している。」とのこと。日本は、戦後GHQの占領下となり、CIAのコードネームを持つ政治家や財界人やマスコミ人が大活躍して、CIAが運営する国のようになった。

 小笠原みどり氏の講演で知った情報として、

 NSAは、国防省長官直属の諜報機関であること。第二次世界大戦中の暗号解読をしていた米軍の部署が、戦後、1952年にNSAとして発足した。本部はメリーランド州にあって、日本その他世界の協力国の各地に外部施設を持っている。

 日本は、米軍の横田基地の中にある。そこにNSAの代表がいる。その他、主要な米軍監視の拠点となっているのは、米海軍横須賀基地、米空軍三沢基地、沖縄キャンプ・ハンセン嘉手納基地。アメリカ大使館も諜報任務、特殊工作をする人がいて、かなりの装備が備え付けられている。

 バルセロナの監視関係の会議に行ってきたが、NSAの前身ともいえるエシュロンという盗聴システムがあるが、
そこで、エシュロンの盗聴システムを一番最初からずっと取材してきた有名なジャーナリストダンカン・キャンベルさんに、日本の監視がどうなっているか聞いたら、アメリカの大使館の住所はどこだと聞くので、東京の霞ヶ関近くといったら、自分のスマートフォンで見つけて、グーグルの航空写真から、アメリカ大使館の屋上にある白いのこれが監視のシステムだという。イスラエルにあるアメリカ大使館の写真のこれと一緒だという。で、特に夜のサーモス、熱を発するところの写真をベルリンとイスラエルで撮っている。つまり、アメリカの友好国と言われている国でも大きな監視設備を設置して、アメリカは監視を行っている。

 

GCHQはイギリスの諜報機関と一番仲がよい。情報を交換し合って、同じような戦略
ここでは、三沢で収集した情報をGCHQと共有している。

 NSAとイギリスのGCHQは特別懇意な仲だが、あと、英語を話す、オーストラリア・ニュージーランド・カナダとは、一部情報を共有し合っていて、この5カ国を「ファイブ・アイズ」という。

 で、日本の国会ですでに可決した特定秘密法は、NSAがデザインしたものだった!スノーデン氏)

 そして、その特定秘密法の第25条には、すでに共謀罪が明記されている!

 いま、国会へ上程されて、成立させようとしているのが、共謀罪! 名前を「組織犯罪処罰法改正案」と変更したが、共謀罪の趣旨を盛り込んでいる。安倍晋三首相は「新しい法律を整備しないと条約を締結できない」と述べ、国連の国際組織犯罪防止条約を締結するために必要だと強調した。

 26日の予算委員会で、安倍首相は、「テロを計画した10人のうち一人が航空券を予約すれば、残り9人もテロ等準備罪で、一網打尽にできる」と強調した。それに対して、山尾志桜里民進党議員は、一人の行為で計画のみに関わった残り9人全員が適用対象になり「本質は変わらず、共謀罪のままだ」と指摘した。

 安倍政権は、今国会で共謀罪の成立に力を入れており、「成人18歳」の今国会成立を見送った。6月から7月にかけては東京都議選が予定されているので、大幅な延長は難しいとみられている。



 オリンピック開催もテロ防止を名目に監視社会化を推し進めるものである。

 しかし、世界中で起きているテロ自体が、ニセ旗であるとバレてきているわけで、そうすると、テロは監視社会を実現させるための手段ではないかと思える訳で。



スノーデンの警告「僕は日本のみなさんを本気で心配しています
 なぜ私たちは米国の「監視」を許すのか 小笠原 みどりさん

特定秘密法は、NSAがデザインしたものだった!その経緯は、下のように語られている。

スノーデンはNSAの仕事を請け負うコンピュータ会社デルの社員として2009年に来日し、東京都福生市で2年間暮らしていた。勤務先は、近くの米空軍横田基地内にある日本のNSA本部。NSAは米国防長官が直轄する、信号諜報と防諜の政府機関だが、世界中の情報通信産業と密接な協力関係を築いている。デルもその一つで、米国のスパイ活動はこうした下請け企業を隠れみのにしている。

米国の軍産複合体は、いまやIT企業に広く浸透し、多くの技術が莫大な予算を得て軍事用に開発され、商用に転化されている。NSAはテロ対策を名目にブッシュ政権から秘密裏に権限を与えられ、大量監視システムを発達させていった。

スノーデンが働くNSAビルには、日本側の「パートナーたち」も訪れ、自分たちの欲しい情報を提供してくれるようNSAに頼んでいたという。が、NSAは日本の法律が政府による市民へのスパイ活動を認めていないことを理由に情報提供を拒み、逆に、米国と秘密を共有できるよう日本の法律の変更を促したというのだ。米側から繰り返された提案が、スノーデンの言う「秘密法のデザイン」に当たる。

特定秘密保護法はスノーデンの告発から半年後の2013年12月、国会で強行採決された。これまで語られなかった背景を、スノーデンはこう明かした。

これはNSAが外国政府に圧力をかける常套手段です。自分たちはすでに諜報活動を実施していて、有用な情報が取れたが、法的な後ろ盾がなければ継続できない、と外国政府に告げる。これを合法化する法律ができれば、もっと機密性の高い情報も共有できると持ちかけられれば、相手国の諜報関係者も情報が欲しいと思うようになる。こうして国の秘密は増殖し、民主主義を腐敗させていく……

米国の言うことをほとんど全て聞いてくれる信じられないほど協力的な日本政府を米政府は盗聴していた!

これは、内部告発メディアのウィキリークスが昨夏公表した、NSAの大規模盗聴事件「ターゲット・トーキョー」についてのスノーデンの感想だ。NSAが少なくとも第一次安倍内閣時から内閣府、経済産業省、財務省、日銀、同職員の自宅、三菱商事の天然ガス部門、三井物産の石油部門などの計35回線の電話を盗聴していたことを記す内部文書が公にされた。

対象分野は、金融、貿易、エネルギー、環境問題などで、いずれもテロとはなんの関係もない。米国が表面上は「友好関係」を強調しながら、日本のなにを監視しているのかがわかる。NSAと緊密な協力関係にある英語圏の国々、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダにも一部共有されていた(これらの国々はNSA文書で「ファイブ・アイズ」と呼ばれる。次ページ 図1参照)。

 日本という国家主権の侵害であるこのNSAの盗聴に対し、日本政府は抗議をしていない。スノーデン氏は怒っていた。国家主権の侵害に対してなぜ抗議しないのか。抗議しないということは、盗聴されたいと望んでいると受け取られる。

 オリバー・ストーン監督が言われたこと「日本は昔持っていた主権がない
アメリカの衛星国であり、人質なのです」ということを表している。

標的は政府機関だけではない

ターゲット・トーキョーの盗聴経路はわかっていないが、NSAが国際海底ケーブルへの侵入、衛星通信の傍受、マイクロソフト、グーグル、フェイスブックなどインターネット各社への要請によって、世界中のコミュニケーションの「コレクト・イット・オール」(すべて収集する)を目指していることは、スノーデンの公表した機密文書によって明らかになっている。(↓図2参照)

オーストラリアの安全保障研究者、デズモンド・ボールとリチャード・タンターによれば、日本の監視拠点は、米海軍横須賀基地(神奈川県)、米空軍三沢基地(青森県)、同横田基地と米大使館(東京都)、米海兵隊キャンプ・ハンセンと米空軍嘉手納基地(沖縄県)で、約1000人が信号諜報に当たっているという。このうち米大使館は官庁、国会、首相官邸に近く、NSAの特殊収集部隊が配置されているといわれる。米軍基地は戦闘拠点であるだけでなく、監視活動を主要任務としているのだ。

このうち国際ケーブルなどの通信インフラに侵入して情報を盗み出す「特殊情報源工作(SSO)」を、スノーデンは「今日のスパイ活動の大半であり、問題の核心」と呼ぶ。SSOは主に、国際海底ケーブルの米国上陸地点で、ケーブルを通過する大量の情報をNSAのデータベースへと転送する工作を施す。

インターネットが米国由来の技術であることから、世界の通信の多くが米国内のインターネット、通信会社のサーバーを通過する。そのため、たとえ日本国内で送受信されたメールであっても、米国内のケーブル上陸地点を通過すれば情報を盗むことができる。標的にされているのは、政府機関だけではない。「コレクト・イット・オール」はすべての人々の通信を対象にしているのだ。

 インターネットでの通信は読まれているとは、以前から言われていたことではあるし、インターネット各社へ要請して世界中のコミュニケーションの全てを収集しようとしているというのも言われていたことではあった。今は、スノーデン氏によって、実際にそうだとつまびらかにされた。今は、8割ぐらいは読まれているらしい。

 で、もちろん、日本の通信会社も協力しているはずだよね。米国の言うことを何でも聞く日本政府なのだから、主権のない衛星国なのだから、当然、その国の民間会社は協力してるよね。

 この論考では出てこないが、ユーチューブで見た講義では、↓について、スノーデン氏の言葉が述べられていた。

「監視されても、隠すことがなければ、恐れることは何もない」と政府はいうが、なぜプライバシーが重要なのか。

 まず、私的に考えると、政府による監視を許すとなると、目をつけられないように言動に気をつけるようになるよね。政府から見て大丈夫かどうか自分で自分を検閲する。つまり、自分が自分らしくはつらつと生きることができない。これ自体が理不尽であるし、内面と言動とのズレはストレスになり、病は気からで病気になるのじゃないだろうか。

 スノーデン氏は、↓のように言っている。

プライバシーは何かを隠すためにあるのではない。プライバシーは何かを守るためにあるのだ。それは個です。個人には自分が信じるところを決定して表現するまでに、他人の偏見や決めつけを逃れて、自分自身のために考える自由がある。そういう意味でプライバシーは個人の権利の源なんです。プライバシーがなければ、表現の自由は意味をなさない。プライバシーがなければ、言いたいことを言い、あるがままの自分ではいられない。だから、プライバシーがないと、自分は個として主張することはできない。

 主権のない日本政府は、米国NSAの盗聴に対し、たいした抗議をするわけでなく、プライバシーを米国に差し出している国なわけで、それ故、主権がないという負のスパイラルに陥っているわけで、その主権がないゆえプライバシーがない米国の衛星国状態の日本政府が、秘密保護法や共謀罪を成立させるというのは、いったい誰のためかというのは、自ずとわかろうというもの。

 このような日本政府に共謀罪を持たせないことと、すでに成立している秘密保護法を廃案に持って行くことが重要だと思われる。

 そして、とにかく、日本は主権を再び取り戻すということこそ、重要だと思うが、「日本を取り戻す」「美しい国日本」とか言っている首相の下、ますます主権なくプライバシーのない国にされつつある。いや、そうさせてはいけないのだ。

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

2017年1月25日 (水)

映画『スノーデン』「アメリカはスパイプログラムを日本のダム、駅、病院、原発、銀行などに組み込んだ」

 オリバー・ストーン監督『スノーデン


 スノーデン氏が米国政府を告発したと言うことは,、かなり前、耳にはしていたが、なぜか、たいして問題意識を持っていなかった。何でだろう?

 しかしまあ、なんともスサマジイ話だった。

 2009年、彼は、DELLから出向し、横田基地のNSA関連施設で、2年間業務していた。

 その業務内容は、↓。

 将来的に日本がアメリカの同盟国でなくなったときのために、スパイプログラムをダム・駅・発電所・銀行などに組み込んでいた!

 つまり、スノーデン氏は、横田基地から、各施設のシステムコンピュータにハッキングしてスパイプログラムを忍び込ませる任務に就いていたってことよね。日本なんて、セキュリティあまあまだから、簡単だったか。しかし、まあ、こんなすごいことがわかり、危険な状態なのにそれほど日本では騒がれることがなかったというのは、アメリカ様には何をされても逆らえない黙っていなければいけないと政府もマスコミも思っているということだろうか。

 日本には、エシュロンが三沢基地にある。このエシュロンで、全日本人のありとあらゆる情報が収集されているってことなんだろうね。

 オリバー・ストーン監督曰く、

全てを監視してテロリストを見つけ出そうとする手段です。
スノーデンは映画のようにテロに限らず全ての情報を標的にしていた。
全ての情報を把握し権力を得ようとしている。
テロに限ったことではないのです。
アメリカは全ての情報を把握することで、権力を得ようとしているのです。
人々はわかっていないのです。
テロを見つけるためだと思い込んでいますが違います。
もっと危険なことになるでしょう。

Wikipedia から。三沢基地にあるエシュロン

 Wikipediaには載っていないが、鹿児島県の阿久根にもこうしたでかいゴルフボールのようなレーダーがあることがわかっている。

 検索したら、実際に現地へ行って写真を撮られた方がいらっしゃった。


阿久根のエシュロンを探してきました



 70年近くも米軍を厚待遇しているうちに、日本は、
オリバー・ストーン監督が言われたような状態になってしまっている。

日本は昔持っていた主権がない
アメリカの衛星国であり、人質なのです。

 

 

スノーデン氏の米軍・NSA・CIAでの勤務

2003年、当時19歳であったスノーデンは大学を離れた後、自身が求職中であると前述の「Ars Techinica」のサイト上で記述している[19]。対テロ戦争によって米軍が大幅な人員増加を進める中、2004年5月7日にスノーデンはアメリカ合衆国軍に志願入隊した[1]。情報工学の知識を評価されて特技兵(技術担当兵)の兵科に配属され、更にイラク戦争に派兵される予定の特殊部隊の新兵として配属されている[1][26]。スノーデンは「自由の為の戦い」を望んでイラク戦争への派遣を自ら志願するなど意欲のある軍人だったが[17][注釈 3]、訓練中の事故で両足骨折の重傷を負って同年9月28日に除隊した[1][26]。

失意の中、治療を終えると国家安全保障局(NSA)からスカウトを受け、2005年にメリーランド大学言語研究センターの警備任務に配属された[3][10]。ケース・アレクサンダー(英語版)NSA長官はスノーデンとの契約は12か月間であったと説明している[27]。またこれに前後して中央情報局(CIA)からも接触を受け2006年CIA職員として雇用されてコンピュータセキュリティに関連した任務に参加した[4][28]。2007年にはスイスのジュネーヴでの情報収集に派遣され、同じくコンピュータセキュリティを担当した[29]。

2009年2月CIAを辞職し[19][30]、同年NSAと契約を結んでいたDELLに勤務、スノーデンは横田基地内のNSA関連施設で業務を行っていた[3][15][17]。そこで高官や軍将校を対象に中国からのサイバー戦争に対する防衛技術を指導している[15]。彼はかねてから接していた日本語に加え、中国語(普通話)や仏教などにも造詣を得た[31]。2011年に彼はDELLからの主任技術者としてCIAに出向しメリーランドへ戻った[15]。1年ほどそこで過ごした後に、彼は2012年3月DELLによって再び異動され、ハワイのNSA施設で主任技術者となった[15]。2013年3月頃からは同じくNSAと契約するコンサルティング会社ブーズ・アレン・ハミルトン社に転職した[32]。

NSAでの勤務については「快適」で、待遇面でも20万ドル以上の給与を与えられていたという[33]。2011年時点リヴァプール大学に籍を置いていたと報道された[34]。ブーズ・アレン・ハミルトンを通じてNSAのハワイ州にある拠点「クニア地域シギント工作センター」に赴任し、同拠点のシステム管理者に就任した[35][36][37]。後の情報源となる、個人情報に関する機密文書に常時接触できる立場にもあった[38]。

上記、エド・スノーデンは過去、米軍三沢基地に駐在していましたが、ここには、米国NSAの監視・盗聴・傍受システム・エシュロン(注5)が設置されています。

 このエシュロン・システムで日本の政官財・産官学の情報はすべて盗聴・監視されています(注6)。

 スノーデン氏を取り上げた映画は、「シチズンフォースノーデンの暴露」もある。これは公開が終わったばかりなのかな。

 311大震災で、福島の原発が爆発したのは、原発の警備を任せているイスラエルのマグナBSP社が起こしたものではないかと巷間言われている。イスラエルが仕込んでいたスタックスネットウィルスにより原発の爆発は引き起こされたとの内部告発もある。

 それと、311大震災発生時、原子力空母のロナルド・レーガンがちょうど三陸沖にいて、そのまま「トモダチ作戦」に入っていくが、なぜか、ロナルド・レーガンの船体がひどく放射能被曝をしていて、甲板を水兵に洗浄させている。その後、ロナルド・レーガンの水兵8人が、放射能被害で東電を訴えたが、被ばく者の数は増え続け、その被ばくの程度はひどく、甲状腺の異常や持続性片頭痛、腸からの出血などの症状や白血病による死者まで出ている。

 ロナルド・レーガンは福島原発の爆発で放射能を浴びたのではなく、自分が海底に仕掛けて津波を起こした核爆弾で、自分も被曝したと考えた方が合理的だと思う。

 だから、311大震災はアメリカとイスラエルの裏権力が核兵器を使ったという告発は、うなずける。やっぱり、ニセ旗テロだったんだ。

内部告発!(元アメリカ国家安全保障局) 『311大震災はアメリカとイスラエルの裏権力が核兵器を使った!』



 日本は、地雷がなくて安全だと思っていたけど、まあ、なんとも危険な国にされてしまっている。

よろしかったらポチッとお願います。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログ 薬疹・薬の副作用へ
にほんブログ村

2017年1月22日 (日)

スマップ問題は室町時代から続く芸能界の文化で行われた現代にそぐわない人権侵害&明治維新のからくり「萩藩を乗っ取った田布施」「イギリスによって創作された士農工商の身分制度」

 スマップ問題って、全然関心なくて内容を全く知らなかったのだけど、室町時代からのやくざが仕切る芸能界という前近代的な文化が、未だに続いていて、憲法違反であり、ありとあらゆる法律違反である人権侵害が、芸能界でまかり通っていることが問題と、苫米地英人氏は指摘している。

 以下、苫米地氏の話のほとんどをご紹介する。

元々テレビという世界はやくざの縄張り。だから9月に更新が終わったら、更新しなかったで終わりの話が、命に別状があるぐらい震え上がって、更新しないでごめんなさいとスマップが釈明するというのは、何か異常な力が働いている。

芸能という枠組みで見ると、昔から当たり前のこと。今の芸能界は組織暴力ではないけれど、ほんの少し前は、やくざの縄張りだった。室町時代はまさにそうだった。

さゆりというハリウッド映画があった。1922・3年の頃が舞台。大正の十何年ぐらいの時点で、芸者の娘たちは、お金持ちの旦那に最後お金で買われていくというのが仕事で、実際、壇上で踊らせて、大金持ちが競り落として行くみたいな世界。芸能は、彼らの縄張りというのは、ずーっと続いていて、ついこの間まで、大物政治家と大物の芸能系のお偉いさんが、一緒のスイートルームでテレビをみて、画面に出ている歌手とか女優をみて、芸能界のお偉いさんが、大臣この娘どうですかと聞いて、いいねとか言うと、何分後かにピンポンとその女の子が部屋に現れる、という世界での癒着があって、なぜかというと、テレビというのは、あの壇上で踊っている、金持ちに買い落とされるための見せ場と同じなわけ。

元々テレビという舞台は、やくざの縄張り。暴対などでカラーは基本的にはなくなってきたが、未だにそのカルチャーはある。

スマップ問題は、憲法だけではなくありとあらゆる法律違反だと、全員わかっている。公正取引委員会や総務省や文化庁だって思っているだろうが、言わないのは、あの世界は元々興行師たちの世界だからと、テレビは思われているから。

 

でも、今はそんな時代じゃない。

おそらく明治維新より前の時代から、日本の後ろにずーっと流れている文化はほとんど変わらない。芸能事務所にはいったら、堅気じゃない、やめたいなら指を落としていけみたいな世界に見える。

明らかに人権侵害があり、組織的に行われている。
テレビ局員から子役も含めてテレビに関わっているすべての人が、前近代的な明治・大正・室町と変わらない世界に未だにいるということが問題。



 なるほどね。芸能界に対して、なんとなくそういう感じは持っていたな。そういえば、アメリカも似たり寄ったりの感じじゃないかな?ケネディは、マリリン・モンローと関係があったし、そもそも、ケネディ自身がマフィアのお世話になって大統領になれたと言うし、マフィアのボスと一人の女性を共有していたというから、古今東西、芸能界・政界・マフィア(日本だとやくざ)は、一心同体かもしれないよね。ま、企業とマスコミがこれに加わって、権力とはこれらが一蓮托生となって守っているものかもしれない。

 ま、とりあえず、動画をご覧ください。

 スマップ人権侵害問題に続けて、明治のからくりについて述べられていくが、これが、またとても面白い。必見だ。ま、苫米地氏が正しいと思いこむのも厳禁だと思うけど、個人的には目から鱗だった。


 明治維新は、ものすごく単純に言うと、萩藩が幕府を倒す。もちろん、その他の2つの藩と一緒になってだけども、基本的には萩藩が幕府を倒した。大政奉還して新しい政府ができたというのは、ごく普通のストーリーだけど、まず、日本の歴史には「萩藩」という言葉が出てこない「長州藩」は実際には、明治維新の後にちょっとあった名前江戸時代に「長州藩」という藩はない。NHK大河ドラマ「坂本龍馬」で、高杉晋作が「長州藩の高杉晋作です」と挨拶をしていた。高杉晋作の時代に、「長州藩」という藩名はない。場合によっては、長州のという可能性はある。長州とかさっしゅうとかどしゅうとは地域の名前で、律令制の時代の呼び名である。今で言う、関東地方という感じ。

 
高杉晋作は毛利の殿様の小姓だったぐらい中枢にいた武士だから、「毛利」とか「毛利藩」のというのはあったかもしれない。プライドを持った正式名称で、「萩藩の高杉晋作です」といったと思う。NHKがそういう間違いをしたことを誰も指摘していない。

 
なぜかというと、「長州藩」という藩があったことにしたい人たちが、明治維新の中で中心になっていった「萩藩」というと、萩という町がある。毛利の殿様が中心で、その城下町に萩という町があって、そこが中心の話になっていない。

 実際は、
伊藤博文を含む明治の元勲は、「田布施」という非常に小さい瀬戸内海側、苫米地氏の母方は田布施の隣の山側の出身で、よく昔の話を聞かせてくれたが、少なくとも、「萩藩」というところから外れた「萩藩」の分藩の地域で、正式な「萩藩」ではない。萩の殿様から、海の反対側。その人たちが明治を作って時に「萩」という言葉がイヤ、自分たちは本当の意味での萩藩ではない、だから、あの地域全般で「長州藩」という言葉を作ったのだと思う。

 そして、萩藩ど真ん中の高杉晋作が「長州藩の」というわけがない。それが、まかり通っている。

  



士農工商という言葉は、明治以降に作られた言葉である。

民主党政権を含めて、日本は平民が政府を動かした、トップをとったことは一度もない。

法律があっても、ブラックな論理が成り立つ理由


なぜ、「田布施」の人たちが成功したか

「萩藩」が幕府を倒して、毛利は関ヶ原以来幕府を恨んでいたということは知られていると思うが、「萩藩」が幕府をやっつけたい、だから、幕府をやっつけて天皇に大政奉還をさせましただと麗しいストーリーだが、実際は違う。

「萩藩」を乗っ取った人たちが、まずある。「田布施」の人間は、まず「萩」でもない。一応、「萩藩」の一部だが、東京都下みたいな感じ。萩にとっては、分藩の人という感じ。

伊藤博文は、一応農家の出となっているが、本当に農家の出かさえあやしい。少なくとも武士ではない。その人が、総理にまでなっている。
「長州藩」という藩があったのは、明治からで、廃藩置県で消えて、山口県になる

「萩藩」の中で、田布施の人たちを中心として、外圧を利用して強くなっていって、「萩藩」を乗っ取った

実際は、下関でばんばん撃った、高杉晋作は騎兵隊に入った。ばんばん撃っていた人たちは、萩の中心の人たちではない。勝手に撃って、
イギリス以外の船を全部沈めた。列強とけんかをせざるを得ないところまで追い詰められて、賠償金は毛利へいって、毛利が払えないから徳川幕府が払うというところまで持って行く。最後、彼らが「萩藩」を乗っ取ってしまう。

江戸開城の際に、毛利の殿様は呼ばれていない。

早めに殺された人たちは、みんな知りすぎていたから。
(高杉晋作?萩藩ど真ん中の人だったから?)

伊藤博文のすごいところは、「
俺は人(塙次郎、加藤甲次郎)を殺している」といっていること。殺し方は闇討ち。あの人たちは、イギリス公使館焼き討ち!をしている。実際は、イギリス公使館建設中の建設現場を焼き討ちしたので、誰も被害者はいない。(ま、現在でいうニセ旗でしょ)で、その後、イギリスに留学!する。

いくら、建設中とはいえ、
テロリストで人殺しを日本の最初の総理大臣にしたということは、一切、教科書に書かれていない。


明治維新の前に外資系の銀行が、日本に次々と支店を作った
外資系銀行と同じように、
現在、高級車を取り扱うコーンズ商会が江戸時代に来ていた。イギリスの銀行の支店が明治維新の前に上陸、その先消費されるものまで上陸していた。


明治維新後、イギリスのシステムをそのまま日本に入れようとしていた

インドを植民地にしたときは、イギリス人が本当にいて、言語まで変えたが、インドのマハラジャ制度は壊していない。インドはカースト制があるが、一番上にマハラジャたちがいる。さらに上がバラモン。


日本には、そういうシステム(カースト)がないので、わざわざ導入した。「士農工商」の身分制度をイギリスが創作


 後は、実際に動画をご覧ください。

「士農工商」という江戸時代の身分制度は、明治以降にイギリスによって創作されたもので、江戸時代は、武士とその他しかなかった。そうすると、エタ・ヒニンという、インドカーストの外に置かれた不可触民という身分と同様のものとして、明治以降作られたものかもね。たしかに、士農工商の身分制度ってぴんとこない。


明治天皇は、田布施出身の「大室寅之祐」にすり替えられた説があって、これあり得ると思えるわけで、萩藩同様、天皇家も乗っ取られたということなのかもなんて妄想してしまった。

よろしかったら、ポチッとしてください。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

〔追記〕インドのカースト制度について、あれこれ調べていたら、今の中学の教科書にはカーストは使われなくなって、「ヴァルナ」になっているらしい。カーストは、インドのヒンディー語ではなくポルトガル語だったとは。ま、ヒンディー語に改められたということ。

鎖国という言葉ももとはドイツ語なんだそうな。

「士農工商」についても、日本にそういう身分制度はなかったとわかり、今の中学の教科書には出てこないそうな。


中学の教科書からインドの「カースト」と「士農工商」が消えてた。(ゆかしき世界 様)

2016年12月26日 (月)

トルコ美術館ロシア大使暗殺事件とベルリンのクリスマス市トラック突入12人死亡事件は、ニセ旗テロ。

 12月19日、全米50州とコロンビア特別区で、538人の選挙人が州都に集まって投票を実施した結果、共和党のドナルド・トランプ氏の勝利が正式に確定した。


●同日、トルコのアンカラで行われた写真展で、
ロシアのアンドレイ・カルロフ駐トルコ大使が、開会式のスピーチをしている最中に、トルコの警官に射殺されるという事件が起きた。銃撃した警官はメブリュト・メルト・アルトゥンタシュ容疑者(22)と判明した。同容疑者はトルコの治安部隊によって射殺された。ロシアは捜査員18人を派遣し、トルコ当局と連携して捜査に当たっている。


●同日、ドイツ(ベルリン)では、クリスマス市にトラックが突入して、12人が死亡したという。

●同日、スイス(チューリッヒ)では、イスラム・センターで銃撃があった。

チューリヒのイスラミック・センターで発砲、3人負傷-容疑者捜索中

 

スイスのチューリヒで19日、主要鉄道駅近く のイスラミック・センターで礼拝中の人々への発砲があり、男性3人が 負傷した。警察当局が容疑者の捜索を続けている。

警察の発表資料によれば、現地時間19日午後5時半(日本時間20日 午前1時半)ごろ、男1人が同センターに入った。負傷したのは30 歳、35歳、56歳の男性で病院に搬送された。発砲のあった現場からわず か数分の場所で別の人物の遺体がその後見つかったという。ただ、事件 と関連があるのかどうかは不明。

●同日、ベルギー(ブリュッセル)でも警察沙汰があったようだ。詳細は全くわからない。




 上記19日に起きた事件のうち、ロシアのトルコ大使射殺事件とベルリンのクリスマス市トラック突撃事件は、どうやらニセ旗テロとみて良さそう。後の二つは詳細がわからないので、なんともいえないけど。

 まず、ロシアのアンドレイ・カルロフ駐トルコ大使が、開会式のスピーチをしている最中に、トルコの警官に射殺された事件


 上の動画で、大使が撃たれて倒れる瞬間が繰り返し再生されているが、大使のチョッキの左ポケットから、何かが吹き出しているのが見て取れる。大使の倒れる瞬間は、撃たれて即死して倒れたような感じではなく、ちょっと顔をしかめてしゃがんだような感じ。そして、仰向けに倒れていた。しかし、血が一滴も認められない。犯人の警官が撃ったあとの銃は、弾が入っていなさそうな、空砲だったのじゃないかと思える。

 モスクワから人員がアンカラへ派遣され、大使の奥様もみえて、大使の遺体は、モスクワに帰ったということだから、ロシアもグルのニセ旗テロだったのだろうか。

 この大使は、長年北朝鮮の大使を務めていた。ロシアは共産主義国家だったわけで、同じく共産主義国家の北朝鮮と国交があったし、今もロシア大使がいるほど。そして、北朝鮮はアメリカの属国として動いていることを考えれば、北朝鮮は、ロシアとアメリカが秘密の会合を持てる国なのじゃないかって気がしてきた。この事件は、ロシア・アメリカ・トルコが協力してのニセ旗テロなの?もしかしてだけど。


 上の動画には、大使以外に倒れた男性が写っているが、彼も血が全く出ていない。単にうつぶせに倒れているだけ。

 蜂の巣状態に撃たれている犯人の死体は、血みどろではなく、壁に血が飛び散っていなく、床に少しの血らしきものがある程度。

 現場に居合わせた数人の様子は、左端の女性がよい仕事をしているが、その他は、無表情といって良さそうな感じ。すぐそこに銃を持った犯人がいるというのに、人が撃ち殺されているというのに、恐怖している様子がない。クライシスアクター・アクトレスで、それも大根。


 結局、誰も死んでいないニセ旗テロだったと思う。



 ベルリンのクリスマス市トラック突入12人死亡事件

 犯人とされるチュニジア人が、ミラノで警官と銃撃戦の末、射殺されて、一件落着にするようだが、この銃撃戦自体もインチキくさい。



 ↑銃撃の末に犯人が射殺された現場?血痕が、まったく見当たらないし。


 クリスマス市トラック事件は、フランス・ニース・トラックニセ旗テロとそっくりで、市に突入したという大型トラックのフロントガラスは幅広くひび割れて、大きく破れたところからクリスマスツリーがめり込んでいる。トラックのフロントガラスは、タメージが大きいが、その他は損傷がないし、12人が死んだというのに血の跡が全くなく、これも誰一人として死んでいないとしか思えず、ニセ旗テロと思われる。
死者12人の名前が公表されていないようだし。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

2016年9月12日 (月)

昨日は15年目の911。振り返ってみよう911テロ。911式典出席のヒラリー具合が悪くなり早々に退席。

 昨日は、911同時多発テロ事件が起きて、15年目の9月11日だった。


 この事件で、計3000人がなくなり、日本人も24人がなくなっている。

 表だっては、アルカイダの仕業となっているが、不審な点があまりにも多く、アメリカ政府の自作自演説の方が納得がいく。


 世界1の軍事大国アメリカの中枢が、やすやすとテロを許しているということに、驚いたものだが、それについては、

演習という名のクーデター:911で防空網が機能しなかった訳が、詳しいので、
引用させていただきます。

当日は、数多くの演習が同時に行われていた。タープリーが2005年1月時点でまとめた情報で判明しているだけで、15以上の演習があった。

911当日は、数多くの演習をしていたために、また、ロシアの攻撃を想定した演習のために、ほとんどの戦闘機が北極圏へ行ってしまったために、アメリカ中枢近くの軍基地には空対空の戦闘機が1機もなかったということらしい。
とまあ、アメリカ中枢で、飛行機テロが起きたとして、防げない態勢ができあがっていた。演習のために、中枢を守る戦闘機まで出払っているとは、こんなおかしなことはないよね。


ロシアが北極圏経由で戦略爆撃を仕掛けることを想定した大規模軍事演習が行われていた。

■Vigilant Guardian + Northern Vigilance
アメリカとカナダの合同演習で、ロシア空軍が北極圏経由で侵略することを想定。この演習が原因で、ほとんどの戦闘機が北極圏に向かい、アメリカ東海岸の防衛が手薄になってしまった。敵機を想定するためにレーダー上に「偽装フリップ」を導入。注目すべきことに「ハイジャック機がニューヨークのJFK空港に向かっている」という演習も、部分演習として含まれていた。

■Northern Guardian
「Northern Vigilance」とペアで行われたもの。最大29機のハイジャックを想定した演習。

■AWACS over Florida, Washington D.C.
演習名はないが、オクラホマ州Tinker空軍基地から「空飛ぶレーダー」AWACS(早期警戒管制機)2機が出動し、フロリダと首都ワシントン付近を飛行。出動許可命令はNORADフロリダ担当のLarry Arnold少将。ワシントンに飛んだAWACSは、アマルガム・ヴァーゴ(Amalgam Virgo)の関連演習に使用された疑いがもたれている。

アマルガム・ヴァーゴ(2001年6月)はビンラディンが複数機の同時ハイジャックと巡航ミサイル攻撃を行うという設定で、無人機MQM-107やAWACSが使用された。この演習では、ハイジャック想定機はユタ州とワシントン州から飛び立ち、ブリティッシュ・コロンビア州とアラスカでインターセプトされた。

ちなみにこのアマルガム・ヴァーゴの継続演習が2002年6月にも行われており、ユタ州ソルトレーク発ホノルル行きのデルタ757便が実際に使用された。パイロットはデルタ航空の現役パイロットを使い、乗客は演習用に配役、犯人役はFBIエージェントが担当した。

■Global Guardian
ハルマゲドン核戦争を想定した戦略防空司令部(STARTCOM)による演習。全面核戦争を想定しており、ネブラスカ州Offutt、ルイジアナ州 Barksdale、ノースダコタ州Minot、ミズーリ州Whitemanの4大空軍基地が演習に参加。戦略爆撃機、原子力潜水艦、地対空ミサイルのすべてが指揮下に入った。ハイジャック機は地対空ミサイルでも撃ち落せるはずだが、これも使用できなかったということだ。核戦争の想定なので、指揮権はホワイトハウスに1本化されており、ブッシュはフロリダの小学校で読書三昧だったので、チェイニーに最高指揮権があったことになる。

この演習では、インサイダー(スパイ)がインターネット・ハッキングなどで指令系統のパスワードを盗むといった内部撹乱も想定している。スパイ役のエージェントが演習から逸脱した行為に走ることはなかったか。

■Crown Vigilance, Amalgam Warrior, Apollo Guardian
それぞれ、①空中戦の指令系統をテストするための指令演習、②戦略爆撃に対する防衛を目的とした北米防空司令部(NORAD)の演習、③宇宙空間からの侵略(スターウォーズ)を想定した宇宙空間の指令演習。

■Operation Northern Guardian
ロシアに対する「作戦」(演習ではない)で、バージニア州Langley空軍基地からアイスランドに6機が 出動。同基地からは、イラク北部の飛行禁止ゾーンを監視する「Operation Northern Watch」(2001年8~12月)のため、すでに6機が出動済み。ニューヨークに近いLangley空軍基地には、本来18機配備されているはずの戦闘機が6機しかなかった

■National Reconnaissance Office (NRO)
演習名はついていないが、ワシントンのダラス空港から4マイルに位置するバージニア州Chantillyの国家偵察局(NRO)本部で、航空機が本部ビルに突入することを想定した演習が計画されていた。当日3,000人が自宅待機となっており、911事件当日の衛星からの監視映像が一部のグループにコントロールされていた疑いがある。また、ビーム兵器等のスターウォーズ兵器の使用にも手を貸していなかったかどうか。

911当日ではないが、ペンタゴンに民間機が突入することを想定した軍事訓練が、2000年10月24-28日、2001年4月17-26日(キャンセル)、2001年5月(日付不明)に計画されていた。また、2001年8月1日には大量の死傷者を想定した救出訓練が行われた。

■FortMeyer Virginia Firemen
ペンタゴンを担当するFortmeyer陸軍基地の消防部隊は、1週間の「航空機墜落対応訓練」を実施している最中だったため、ペンタゴン激突のわずか3分後に消火活動が開始された。

■Pennsylvania Westmoreland Bio-chemical Terrorism Drill
これも911当日ではないが、2001年6月16日にペンシルベニア州ウェストモアランド郡で、生物化学兵器テロを想定した非常事態訓練が行われていた。ウェストモアランド郡はユナイテッド93便が墜落したサマーセット郡に隣接する。非常事態に際して、現場にいち早く非常線を張る訓練ができたいたという見方もある。

■US Army Full Access Control

これは関連事項だが、2001年9月5日から米陸軍のすべての基地で「フルアクセス・コントロール」が敷かれ、機密領域や機密資料にアクセスする際には、上級職にも最も厳しいセキュリティ・チェックが課されるようになっていた。

 あと、飛行機の激突で爆発して粉々になったビルは、911の前は一つもなかったなど、おかしな点は、限りなくある。


 ちょうどいい機会なので、また、911事件を振り返ってみられるのもいいのではと思う。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 ところで、911式典に出席したヒラリー・クリントンが、式の途中で具合が悪くなり、退席している。彼女は、車までは歩けたものの、車へ乗りこむのに、シークレットサービスにサポートされていたものの、足が動かないような様子が見受けられるし、また、ちょっとの段差が越えられないようで、車に倒れ込んでいる。

 よほど太陽がまぶしいのか、サングラスをかけて登場しているし。サングラスをしているのは、ヒラリーぐらいしか見当たらない。

 やはり、かなり具合が悪いのだと思う。



 ↓は、式典の様子。



 スコットランドの音楽隊が行進して演奏している。アメリカ合衆国とスコットランドは深い関係があるってことなのだろうか。

よろしかったらクリックお願いします。
<p><a target="_blank" href="//politics.blogmura.com/politicalissue/ranking.html"><img width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ" src="//politics.blogmura.com/politicalissue/img/politicalissue88_31.gif" /></a><br /><a target="_blank" href="//politics.blogmura.com/politicalissue/ranking.html">にほんブログ村</a>

</p>

2016年8月26日 (金)

「やまゆり園」事件容疑者が言う「安楽死」は、ナチスの「安楽死」

 「やまゆり園」の事件は、重度障害者を抹殺してあげるという優性思想を、堂々と表明したものだった。

 容疑者植松聖がいう「抹殺してあげる」=「安楽死」は、重度障害者を「生きていてもしょうがない人」として、本人のため職員のため親のため社会のために、「ポアしてあげる」というものだ。

 「安楽死」というのは、「そうしなければ苦しむことになる慢性的なまたは 末期症状の疾患を持つ個人に、苦痛のない死へ誘導することを意味する」が、やまゆり園の事件は、そういう安楽死ではなく、ナチスの「安楽死プログラム」とまったく同質のものである。

 もっとも、ナチスの場合秘密のプログラムとして始まったが、この「やまゆり園」事件は、大々的に堂々と「ナチスの安楽死」を打ち上げた。

 ナチスの安楽死プログラム

 傷害を持って生まれた子供の抹殺から始まり、障害者施設へ入所している成人患者へと対象が広がり、6つのガス施設が作られる。「安楽死」は拡大されていく。

子供の「安楽死」プログラムで開発された方法を使って、T4立案者は1939年秋から、すべての公衆衛生担当官、公立および私立病院、精神科病院、 および慢性患者や高齢者向けの養護施設に注意深く定式化された質問票を配布し始めました。 質問票の限られた記入欄と表現、添え状に記載された指示は、統計的データを収集するためのアンケートといった印象を与えました。

質問票の悪質な目的が暗示されているのは、患者の就労能力に重点が置かれていること、また医療当局に 統合失調症、てんかん、認知症、脳炎、およびその他の慢性的な精神疾患や神経疾患を患う個人、ドイツ人またはドイツ人に「関連する」血統を持たない個人、 精神に異常のある犯罪者、または犯罪を犯した個人、および5年を超えて療養施設に監禁されていた個人を特定することが義務付けられている点のみでした。 秘密裏に採用された定評の高い数多くの「医療専門家」や医師が3人1組で質問票を評価しました。 1940年1月の初め、これらの医師たちの決定に基づき、T4作戦員は「安楽死」プログラムに選ばれた患者を自宅や療養施設から連行し、バスまたは列車で 殺害のため集中ガス施設に移送しました。

これらの施設に到着後数時間以内に、被害者はシャワー室だと偽られ、特別に設計されたガス室内で純粋な一酸化炭素ガスを使って殺害されました。 その後、T4作戦員はガス施設に隣接する遺体焼却炉で遺体を焼却しました。 その他の職員は一緒にされた遺灰の山から火葬された犠牲者の遺灰を骨壷に入れ、犠牲者の遺族に送りました。 犠牲者の遺族や後見人は、その骨壷と共に架空の死因と死亡日が記載された死亡証明書やその他の書類を受けとったのです。

・・・・・

 ナチスの安楽死は、働けるか働けないかで選別し、働けない障害者等は、社会の邪魔もの・金食い虫と判断し、国家の予算を削るための殺人といってよいが、植松聖が言っている「安楽死」は、このナチスの安楽死と全く同質なものだ。

 ナチスの「安楽死」は、侵攻したところでの病院や療養所を襲い患者を殺戮し、ドイツ軍の病院や兵舎に転用するということにも応用された。そして、ユダヤ人虐殺へと繋がっていく。

 もし、日本で「安楽死」が法律で認められるとしたら、恐ろしい社会になると思う。

 少し古い記事ではあるけど、内容は古くないので、こちら↓をご紹介したい。

安楽死や自殺幇助が合法化された国々で起こっていること

児玉真美 / ライター
 

 宅配安楽死が合法なオランダでは、25歳以上の重症脳損傷患者を治療するための専門医療機関が存在しないという。

 そして、安楽死は、臓器移植へもつながっている。病院や、養護施設、刑務所などに入所していると、「安楽死」させられる危険が、ありそうだ。


よろしかったら、クリックよろしくお願いいたします。

<p><a target="_blank" href="//politics.blogmura.com/politicalissue/ranking.html"><img width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ" src="//politics.blogmura.com/politicalissue/img/politicalissue88_31.gif" /></a><br /><a target="_blank" href="//politics.blogmura.com/politicalissue/ranking.html">にほんブログ村</a>

</p>

<p><a target="_blank" href="//sick.blogmura.com/medicalinfo/ranking.html"><img width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ" src="//sick.blogmura.com/medicalinfo/img/medicalinfo88_31.gif" /></a><br /><a target="_blank" href="//sick.blogmura.com/medicalinfo/ranking.html">にほんブログ村</a>

</p>

<p><a target="_blank" href="//sick.blogmura.com/adr/ranking.html"><img width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 病気ブログ 薬疹・薬の副作用へ" src="//sick.blogmura.com/adr/img/adr88_31.gif" /></a><br /><a target="_blank" href="//sick.blogmura.com/adr/ranking.html">にほんブログ村</a></p>

2016年8月12日 (金)

障害者施設「やまゆり園」事件の目的・追加

障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた大量殺人事件は偽旗。その目的は何か。

 で、下記の二つの目的を上げたが、

■目的1・ヘイトクライム関連法を成立させる。

目的2・現在、法律上定めのない退院後の措置について、法律を作り、フォロー体制を構築する。→山東昭子元参議院副議長:「私どもも法律をきちんと作って、犯罪をほのめかした、主張した人物については、GPSを埋め込むようなこと。何がいいのかもちろん、これから議論すべきだと思いますけれども」

日本は重度障害者になったらポアされる国になるの?を書いていて、三つ目の目的がわかった。

 というか、大森理森衆議院議長宛ての手紙にハッキリと書いてあったね。

私の目標は重複障害者の方が家庭内での生活、及び社会的活動が極めて困難な場合、保護者の同意を得て安楽死できる世界です。

 というワケで、

■目的3・安楽死を合法化する。

 曽野綾子が、年寄りはいつまでも生きていないでさっさと死になさいと言っているしね。麻生太郎は、「90になって老後が心配とか訳の分からないことを言っている人がテレビに出ていたけど、いつまで生きるつもりだよと思いながら見ていた」

 曽野綾子や麻生太郎は、年寄りの介護に税金を使うのは税金の無駄遣いと思っているよね。税金で面倒を見たくないので、動けなくなったらさっさと死んでね。安楽死を用意しておけばよいよね、見たいな。


 それに、安倍内閣は、戦争を始めるつもりなので、兵士に、戦死だけでなく重度の身体障害者が大量に出るというのは予測できる。その場合も、救済するとお金がかかるので、安楽死を認めてさっさと処分したい、なんてことを考えてませんかね。

 あと、もう二つの目的;。やっぱり手紙に書いてあったこれらも入れておいた方がいいかも。

■目的4・医療用大麻を合法化する。

 大麻がGHQによって禁止されたのは、安全なオールマイティな薬だったからと言われているが、本当にそうなのかじっくり確認した方がいいよね。

 コカインはコカの木から抽出したものだし、阿片はケシから抽出したものだし、天然のものだから無害だというワケではないし。

■目的5・パチンコを禁止して、カジノを合法化する。

 パチンコもカジノも賭け事で身を滅ぼすことに変わりはないけど、収益が向かう方向が違ってくるのかも。パチンコの収益は北朝鮮へいく。で、カジノの収益はどこへ行くのだろう?

よろしかったら、クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

2016年8月11日 (木)

日本は重度障害者になったらポアされる国になるの?

 本当に「やまゆり園」で殺傷事件があったのかどうかは、被害者名が公表されないため、私的には、信憑性が持てないし、時間的に45人殺傷は無理としか思えないので、この件は偽旗だと思っている。

 
 ということは、さておくとして、

 「やまゆり園」は重度障害者施設ということで、ユニットごとにカギがかけられていて、精神病院の閉鎖病棟と変わりがない施設だったということがわかった。

 植松容疑者が大森理森衆議院議長へあてたとされる手紙には、障害者は人間としてではなく動物として暮らしている、保護者が絶縁状態にあったり、保護者の疲れきった表情、施設で働いている職員の生気の欠けた瞳とある。

 だから、重度障害者は社会に不幸をもたらすので、殺してしまったほうが、重複障害者本人にとっても家族にとっても職員にとっても幸せであるというのが、植松容疑者の結論だ。しかし、この国の社会的弱者に対する社会保障のお粗末さが、障害者本人、家族、職員へ不幸をもたらしているというのが本質である。

 カギがかけられている人権侵害な施設や、職員のきつい労働や低賃金などこそが問題である。自民党は、消費税の全額を社会保障に充てると言って消費税を上げたのだから、当然、社会福祉の質や量は向上していなければならない。消費税で、家族の負担を軽減し、職員が生きがいを持って障害者をケアして、障害者も家族も職員もが笑顔になるように努めているというのならば、納得できるが、消費税は上がったが、社会保障の質も量も下げられている。


社会保障とは】

個人的リスクである、病気・けが・出産・障害・死亡・老化・失業などの生活上の問題について貧困を予防し、貧困者を救い、生活を安定させるために国家または社会が所得移転によって所得を保障し、医療や介護などの社会的サービス(Social benefits)を給付する制度を指す[1]。社会保障という言葉は社会福祉と同義で使われることも多いが、公的には、社会福祉の他に公衆衛生をも含む、より広い概念である。


 ヘイトクライムが蔓延し、障害者を社会に不幸をもたらすとして、抹殺すると公言して「やまゆり園」の事件が起きたことは、社会保障という政治が働いていない、つまりは政治の怠慢が起こした事件と言ってよいと思う。

 ヘイトクライムは、弱者を抹殺して、社会保障をケチろうという考え方である。

 社会的弱者を税金で救済するのはもったいないとして、削られた予算は、強者へ回る。手紙では、世界経済の活性化というが、活性化するのは1%の強者だけ。貧富の差を広げることになり、弱者は生きることさえ許されない。そして、それは戦争への道筋にもなるだろう。

 閉鎖病棟は、確かに動物扱いだと思う。だから、それこそが間違っている。スウェーデン並みの社会保障を求めるなら、消費税をスウェーデン並み25%に上げる必要があるなどと、自民党は言い、消費税は今8%まで上げられているが、社会保障は切り捨てられていくばかり。自民党には、消費税は上げても社会保障を充実させる気など毛頭なく、切り捨てていくつもりだとしか思えない。老人に対しても、いつまで生きているつもりだなどと曽野綾子は言っている。同じようなことを麻生太郎も言っている。ヘイトクライムが蔓延している。消費税で社会保障を充実させるというのは、まったくのウソだった。


 自民党に↓こういうビジョンがあるの?

スウェーデンにおける知的障害者のグループホーム(その2)

 

 3つ目は市の郊外に近いところでシェーナと呼ばれる集合型GHを見学した。ここは92年に創設され、知的発達は2歳ぐらいまでのレベルといわれ る、重度で、身体障害の重複も多い最重度級障害者5名が利用しており、もう1つ93年にできた同じレベルの重度障害者5名が利用するGHと一ユニットを形成しており、年齢的には21~57歳までの利用者がいる。

 1人当たりの居住空間は2LDKタイプの48m2(2人の車いす利用者はそれぞれ52m2)で、各々のベランダもあり、スタッフルーム、共同台所や共有のリビングルームおよびその両サイドにある2つの共有ベランダともゆったりしていて、その生活居住空間の快適さは目を見張るものがあった(93のものは基準改定により、標準は1人当たり39m2となる)。

  重度障害者でマンツーマン的介助も必要なため11名のスタッフ(もう1つのホームも11名、デイセンターの2名の専任スタッフを入れて、1ユニット24名 で構成)がいて、医療的ニーズも高いので非常勤の医師1名、看護婦2名による医療サービスネットワークもつくられている。午前、午後は8名のスタッフが障 害者が利用するデイセンターにも出向しつつ勤務して、夜間は3名が交代制で勤務し、必ず1名は起きている態勢にあり、週末は交代制で2名常駐となってい る。

 利用者は障害が重いので、とりわけ1日、1週間の正常な生活リズムが保たれるような支援が心がけられている。朝はベッドから立ち、 シャワーを浴び、食事後、ウイークデイはデイセンターに通い、外出や生活訓練、音楽療法や時にはプールや乗馬などにも挑戦するなど、生活の質(QOL)の 向上を図り、4時に帰宅した後はできるだけ自由時間を享受できるような支援がなされている。

 どんなに重度でもその障害に適した通常の生活を形成できることがここの目標であり、「2LDKの住居の持ち主となり、プライバシーを大切に守られるように支援されることも人間としての尊厳を保つために必要である」と強調されたことが強く印象に残った。



 交通事故などで、重度障害者になることは、誰でも可能性があることで、もし、そうなったら処分の対象となるなんて、まさしく人を家畜としかみていない。

 そして、そもそも税金自体が、共済的な社会保障の役割を持っているはずなのに、弱者となった時に救済にまったく使われないどころか、ポアされてしまうというのでは、税金など納める必要のまったくないものではないだろうか。

 そんな風に思う。

↓よろしかったら、クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

 

植松容疑者の衆議院議長公邸宛て手紙の全文 障害者抹殺作戦を犯行予告

衆議院議長大島理森様(1枚目)

この手紙を手にとって頂き本当にありがとうございます。
私は障害者総勢470名を抹殺することができます。
常軌を逸する発言であることは重々理解しております。しかし、保護者の疲れきった表情、施設で働いている職員の生気の欠けた瞳、日本国と世界の為と思い居ても立っても居られずに本日行動に移した次第であります。
理由は世界経済の活性化、本格的な第三次世界大戦を未然に防ぐことができるかもしれないと考えたからです。
障害者は人間としてではなく、動物として生活を過しております。車イスに一生縛られている気の毒な利用者も多く存在し、保護者が絶縁状態にあることも珍しくありません。
私の目標は重複障害者の方が家庭内での生活、及び社会的活動が極めて困難な場合、保護者の同意を得て安楽死できる世界です。
重複障害者に対する命のあり方は未だに答えが見つかっていない所だと考えました。障害者は不幸を作ることしかできません。
フリーメイソンからなる●●●●が作られた●●●●●●●●を勉強させて頂きました。戦争で未来ある人間が殺されるのはとても悲しく、多くの憎しみを生みますが、障害者を殺すことは不幸を最大まで抑えることができます。
今こそ革命を行い、全人類の為に必要不可欠である辛い決断をする時だと考えます。日本国が大きな第一歩を踏み出すのです。
世界を担う大島理森様のお力で世界をより良い方向に進めて頂けないでしょうか。是非、安倍晋三様のお耳に伝えて頂ければと思います。
私が人類の為にできることを真剣に考えた答えでございます。
衆議院議長大島理森様、どうか愛する日本国、全人類の為にお力添え頂けないでしょうか。何卒よろしくお願い致します。


植松聖の実態(2枚目)

私は大量殺人をしたいという狂気に満ちた発想で今回の作戦を、提案を上げる訳ではありません。全人類が心の隅に隠した想いを声に出し、実行する決意を持って行動しました。
今までの人生設計では、大学で取得した小学校教諭免許と現在勤務している障害者施設での経験を生かし、特別支援学校の教員を目指していました。それまでは運送業で働きながら●●●●●●が叔父である立派な先生の元で3年間修行させて頂きました。
9月車で事故に遭い目に後遺障害が残り、300万円程頂ける予定です。そのお金で●●●●の株を購入する予定でした。●●●●はフリーメイソンだと考え(●●●●にも記載)今後も更なる発展を信じております。
外見はとても大切なことに気づき、容姿に自信が無い為、美容整形を行います。進化の先にある大きい瞳、小さい顔、宇宙人が代表するイメージ
それらを実現しております。私はUFOを2回見たことがあります。未来人なのかも知れません。
本当は後2つお願いがございます。今回の話とは別件ですが、耳を傾けて頂ければ幸いです。何卒宜しくお願い致します。
医療大麻の導入
精神薬を服用する人は確実に頭がマイナス思考になり、人生に絶望しております。心を壊す毒に頼らずに、地球の奇跡が生んだ大麻の力は必要不可欠だと考えます。何卒宜しくお願い致します。私は信頼できる仲間とカジノの建設、過すことを目的として歩いています。
日本には既に多くの賭事が存在しています。パチンコは人生を蝕みます。街を歩けば違法な賭事も数多くあります。裏の事情が有り、脅されているのかも知れま せん。それらは皆様の熱意で決行することができます。恐い人達には国が新しいシノギの模索、提供することで協調できればと考えました。日本軍の設立。刺青 を認め、簡単な筆記試験にする。
出過ぎた発言をしてしまし、本当に申し訳ありません。今回の革命で日本国が生まれ変わればと考えております。


作戦内容(3枚目)

職員の少ない夜勤に決行致します。
重複障害者が多く在籍している2つの園【津久井やまゆり、●●●●)を標的とします。
見守り職員は結束バンドで身動き、外部との連絡をとれなくします。職員は絶対に傷つけず、速やかに作戦を実行します。
2つの園260名を抹殺した後は自首します。

作戦を実行するに私からはいくつかのご要望がございます。
逮捕後の監禁は最長で2年までとし、その後は自由な人生を送らせて下さい。心神喪失による無罪。
新しい名前(●●●●)、本籍、運転免許証等の生活に必要な書類、美容整形による一般社会への擬態。
金銭的支援5億円。
これらを確約して頂ければと考えております。

ご決断頂ければ、いつでも作戦を実行致します。
日本国と世界平和の為に何卒よろしくお願い致します。
想像を絶する激務の中大変恐縮ではございますが、安倍晋三様にご相談頂けることを切に願っております。

植松聖(うえまつ さとし)

2016年8月 3日 (水)

障害者施設「やまゆり園」事件。容疑者の刺青は合成みたい。

 「やまゆり園」の事件の悲惨さは、消防の隊員「あまりに悲惨な状況に絶句」で、語られている。

<略>

 入所者の部屋は更に凄惨(せいさん)だった。ベッドに倒れ込んで動かない入所者は既に心肺停止の状態だった。傷は頭、首、肩などの上半身に集中していた。津久井消防署の小泉伸二警備課主幹は「心づもりができているつもりだったが、あまりに悲惨な状況に絶句した。隊員の安全も考えながら無我夢中の活動だった」と明かした。

 20〜50代の男女4人が搬送された東京医科大学八王子医療センター(東京都八王子市)の新井隆男・救命救急センター長によると、全員が血まみれで、うめき声を上げている人もいた。4人とも首を刺され、傷が深さ4〜5センチに達していた人もいた。新井センター長は「首ばかりを狙ったのか。強い(殺害の)意図があるとの印象を持った」と語った。【長真一】

 植松容疑者は、26日午前2時50分ごろ、施設近くに止めていた車に乗り込み、同3時過ぎに津久井署に出頭したが、なんと、その途中に、コンビニに寄って、洋菓子などを購入していた。

襲撃後、コンビニに…容疑者、洋菓子購入毎日新聞2016年7月31日 20時23分(最終更新 8月1日 00時14分)

 19人が死亡した相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」の殺傷事件で、植松聖(さとし)容疑者(26)=殺人容疑で送検=が事件後に神奈川県警津久井署に車で出頭する途中、コンビニエンスストアに立ち寄り、洋菓子などを購入していたことが、捜査関係者への取材で分かった。出頭時に着ていた服には血痕が付着しており、植松容疑者は血まみれで店を訪れたとみられる。

 植松容疑者は施設内で入所者を襲撃した後の26日午前2時50分ごろ、施設近くに止めていた車に乗り込み、同3時過ぎに同署に出頭した。捜査関係者によると、植松容疑者は出頭直前、コンビニに数分間立ち寄り洋菓子などを購入、レジで差し出した1000円札には血痕が付着していたという。車内にあった食べかけの洋菓子などを購入したとみられる。

 出頭時に着ていた服には血痕が付着しており、植松容疑者は血まみれで店を訪れたとみられる。というが、服に血痕が付着していたというのと、血まみれでは状態に大きな違いがある。コンビニの店員は、1000円札には血痕が付着していたといっているだけで、血まみれで訪れたとは言っておらず、警察へ通報してもいないようなので、血まみれではなかったと思われる。植松容疑者は腕に3針縫うけがをしていたとあるから、それの血痕が付いていたということではないだろうか?

 本当に、やまゆり園で凄惨な殺人事件があって、植松容疑者が犯人だとしたら、頭から血しぶきを受けているはず、そうでないなら植松容疑者は犯人ではないか、事件そのものがないということだと思う。被害者の氏名が発表されないので、事件そのものがあったということもできない。消防隊員と救命救急センター長だけが凄惨な事件があったと言っているように思える。

 植松容疑者は、午前3時過ぎには、7キロ離れた津久井署へ出頭しているから、現場を車で離れてから、津久井署へ着くまでの時間は10分ぐらいしかない。それなのに、コンビニによって、トイレで血まみれの手などを洗った後に、ケーキなどを買って、店員に血の付いた紙幣を渡ししたという。このコンビニで数分を費やしている。ケーキは食べ残しているのでその時間も必要。5分やそこいらで、7キロ先の津久井警察署へ行けるのだろうか?

 読売新聞では、出頭した際、着ていたTシャツには大量の血が染みこんでいたとなっている。どうも報道がちぐはぐになっている。

 また、犯行時間も最大で50分ほどしかない。東棟1階窓ガラスを破って侵入。警備はアルソックに頼んでいたということがわかったが、ガラスを割って入っているにもかかわらず、アルソックは駆けつけていない。

 「やまゆり園」は、職員8人、警備員1人の体制だった。

 「津久井やまゆり園」とは (毎日新聞2016年7月26日 20時38分(最終更新 7月26日 22時21分))によると、

     2階建ての居住棟は東西に分かれ、入所者は性別などにより20人単位の「ユニット」で生活。1人もしくは2人部屋で暮らしている。

     県によると、各ユニット間の出入り口は施錠されており、開けるためには鍵が必要。職員は支援に必要な鍵は所持しているが、園全体のドアなどを開けられる鍵は持っていない。県は「退職時には鍵を返却するよう徹底している」と説明している。

 ガラスを破って侵入し、ユニットごとに職員を結束バンドで縛って、カギを奪って、カギを開けて、入居者へ声をかけながら反応のない人を襲って45人を殺傷する。これを50分でするのは無理としか言いようがない。

相模原殺傷:容疑者「声かけて反応ない人を襲った」2016年08月02日 07時00分 毎日新聞

 下の二枚の画像は、上の動画からキャプチャーしたもの。

Photo

 ネックレスが区切りになって、ネックレスから上と下の肌が、違って見える。まるで、刺青の服を着ているような。これ、合成しているのじゃないだろうか?

 そもそも、上と下は同じ人物なのだろうか?顔が違うように思う。で、こちら↓は本当に刺青をしていると思う。

Photo_2 

 もしかすると、植松容疑者には、刺青はないかもしれない。

よろしかったらクリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

2016年7月31日 (日)

障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた大量殺人事件は偽旗。その目的は何か。

 7月26日、神奈川県相模原市の障害者施設「やまゆり園」で起きた、19人死亡、25人重軽傷の事件は、偽旗の可能性が高い。

 そう思う理由を列記してみる。

●死亡者の氏名を発表しないこと。
●犯行時間約50分。ガラスを破って侵入し。5人の職員を結束バンドで縛る。施設内はいたるところにカギがかけられていた。そのカギを開けながら、犯行に及んだ人数は、計44名。

Photo  上の画像は、毎日新聞社さまからお借りしました。

 上の画像の様にカギがかけられている部屋を開けながら移動して、44名を殺傷することは、時間的にとうてい無理としか思えない。

●自首した植松容疑者が所持していたのは、包丁とナイフ合わせて3本。これで、44名を殺傷することはできない。

 では、この偽旗作戦の目的は何なのか?

 昨日7月30日の東京新聞朝刊トップ記事は、「ヘイトクライム許さない」だった。

Dsc00436

 ピーンときた。これが目的だと。いや、目的の一つだったというべきだ。目的は一つではないだろうから。

■目的1・ヘイトクライム関連法を成立させたい。

 ヘイトクライムとは、

ヘイトクライム: hate crime憎悪犯罪[1])とは、人種民族宗教性的指向などに係る特定の属性を有する個人や集団に対する偏見や憎悪が元で引き起こされる暴行等の犯罪行為を指す[2]。アメリカ連邦公法によれば「人種・宗教・性的指向・民族への偏見が、動機として明白な犯罪 (Public Law101-275) 」と定義されている[3][4]前田朗によれば「人種・民族・国民的な差異をことさらにターゲットにして行われる差別行為とそうした差別の煽動」[5]である。

 各国のへイトクライム関連法をみると、アメリカ合衆国はもちろん、イギリス、イタリア、ドイツ、フランスと制定されている。

 日本の場合、 

日本では、偏見の存在が動機として明白な犯罪を、他の犯罪と比較して特別に重く扱うことを規定した一般法や特別法は制定されていない。ヘイトクライム立法を求める意見があるが、思想の自由表現の自由との兼ね合いや恣意的な運用への懸念から、ヘイトクライム立法はなされていない[37]

これに対し、「2000年代後半から断続的に繰り返される在日特権を許さない市民の会などのデモや一連の行為は、ヘイトクライムであり、ヘイトスピーチを含むヘイトクライムの法規制を検討すべきだ」と法学者の前田朗は指摘する[38]。 前田は、全体的な研究課題を整理して 1 立法事実論、2 ヘイトクライム統計法、3 比較研究法、4 立法政策論、5 憲法論、6 人種差別扇動処罰規定の可否、7 警察と裁判所の権限の可否、8 具体的な犯罪規定の検討など8つの論点を上げ、さらに世界各国の具体的な犯罪規定としてはイギリス、チェコ、ケニアなど50か国の「ヘイトクライム規制 法」を例示し[39]、ヘイトクライム法の対象として物理的暴力などによるもののみならずヘイトスピーチをも人種的憎悪扇動に含め「表現の自由を守るためにも今日、増加している人種差別や憎悪扇動の発言を規制する必要がある」と主張している[40][41]

2013年5月30日の参議院法務委員会において参議院議員有田芳生は、日本における人種差別の問題について取り上げた際に「人種差別法、あるいはヘイトスピーチ、ヘイトクライム」という言葉を用いながら[42]、具体的な人種差別事例を示した上で、日本における人種差別の実態に関する調査委員会などの設置をうながした。これに対して法務大臣谷垣禎一は 「人権擁護機関としては、先ほど申し上げた啓発活動というだけではなく、人権相談あるいは(中略)調査活動(中略)人権侵犯事件。そういう観点から(中 略)人権状況の把握には我々も力を入れて努めなければならない」が、「今の人権擁護機関の仕組みを超えた調査機関を設けるということは現時点では考えてお りません」と答弁した[42]

 

 谷垣貞一氏という良識派政治家が自民党にいるために、ヘイトクライム関連法案はできないでいるわけだ。

 ところで、谷垣氏は、7月16日、都内でサイクリング中に転倒し、頸髄損傷で入院していた!

谷垣禎一幹事長は頸髄損傷で手術 自民党が発表、復帰のめど立たず

 谷垣氏は、やられたということなのか!?これで、反対する人はいないということになりそう。




あと、気になったのが、措置入院。普通、延々と入院させられて薬漬けにされているのが措置入院と思っていたが、植松容疑者の場合、たったの12日間と異様に短い。親も同居していない、一人暮らし。あり得ない設定で、措置入院から退院してきて、犯罪を犯したことになっている。措置入院した病院名も担当医の名前も明らかにされていない。

措置入院の病院に厚生労働省が立ち入り調査7月29日 18時36分

相模原市の知的障害者 施設で、入所者などが刃物で刺されて19人が死亡、26人が重軽傷を負った事件で、厚生労働省は29日午後、逮捕された元職員の男が措置入院をしていた病 院に専門の調査チームを派遣し、関係した医師から話を聞くなど、法律に基づく立ち入り調査を行いました。

こ の事件で、逮捕された元職員、植松聖容疑者(26)について、相模原市はことし2月中旬に、医師の診断に基づき強制的に入院させる措置入院の対応を取りま した。その後、医師が「他人を傷つけるおそれがなくなった」と、診断したことから、市は12日後に措置入院を解除し、植松容疑者を退院させましたが、本人 や家族に直接会うなどの対応はとらず、退院後の状況は確認していなかったということです。

厚生労働省は、退院をめぐる当時の判断や詳しい 経緯を調べるため、29日午後、入院先の病院に調査チームを派遣し、精神保健福祉法に基づく立ち入り調査を行いました。厚生労働省は、当時のカルテを調べ たり、医師に聞き取りをしたりして、病院の対応を検証するほか、相模原市が措置入院を解除する際の判断や退院後の関わりについても詳しく調査し、再発防止 策について近く本格的な検討を始めることにしています。

相模原市も入退院の課題検証へ

相模原市は29日午後に記者会見を開き、逮捕された男が措置入院から退院したあとの対応に、どのような課題があったのか、関係部署と連携して詳しい検証を進めていく考えを示しました。

ま た、今回の事件について、市にはこれまでにおよそ100件の苦情が寄せられていることを明らかにしました。このなかには、植松容疑者が大麻を使用していた ことを、なぜ警察に伝えなかったのかなどの内容が多いということです。市は相談窓口を設けて、事件によってストレスや不安を感じている人たちの心のケアに あたっていくということです。

目的2・現在、法律上定めのない退院後の措置について、法律を作り、フォロー体制を構築したい。→山東昭子元参議院副議長:「私どもも法律をきちんと作って、犯罪をほのめかした、主張した人物については、GPSを埋め込むようなこと。何がいいのかもちろん、これから議論すべきだと思いますけれども」

相模原偽旗テロ事件直前、夏休みだった安倍晋三が、オウムのサティアンがあった鳴沢村(安倍晋三の別荘がある)で、日本精神科病院協会会長と懇談

 日本精神科病院協会会長が、安倍晋三首相に何かおねだりをしたと思われるが、それが何なのかはわからないし、この事件に関係しているのかどうかも分からないが、気になる。

 後、他にも目的がある可能性があるが、今のところ私に考えられるのは、以上の2点。




 ついでながら言わせていただくと、

日本は精神病院が世界で一番多い国だった~患者の5人に1人は日本人 

 精神科は、医療保険料や生活保護費をむしゃむしゃ食ってる。生活保護者への薬はいくら処方しても本人はタダ。税金から支払われる。生活保護を申請しても断られて餓死した方もいらっしゃるのに、精神薬を飲んでいる人に対してはたやすく支給される。生活保護は人を助けるために使われず、製薬会社への送金装置といえそう。

 そして、その薬は、麻薬覚せい剤と同じもので、べらぼうに高いから医療保険や税金をむしゃむしゃ食ってるってこと。

 そして、飲めば飲むほど頭がやられて、最後には廃人となる。薬が変わったり、減薬、断薬することにより、七転八倒の禁断症状が出て、日常生活ができなくなる。自殺や他害念慮が半端ない激烈さで出てくる。これは、犯罪だとしか思えないが、被害者の方が犯罪者にされて葬り去られてしまうという理不尽さ。

向精神薬は麻薬と同じ 内海聡 抗うつ薬は対処療法根本解決にはならない 薬物依存を生むだけ

 ただですね、今日は向精神薬の問題についてっていうことで、言っておかなきゃいけないのは、まず向精神薬っていうものは、覚せい剤とかですね、麻薬とかですね、そういう違法ドラッグと呼ばれるものと、作用生地も、全然変わりはないですし、禁断症状も、後遺症も、基本的に全く変わりはないということをですね、今世界中で言われているわけですけど。


 あと、この44人殺傷事件について気づいたこと

 2012年6月3日、オウムの菊地直子が潜伏先で逮捕されたが、その潜伏先とは、神奈川県相模原市緑区城山3-2-40。ボロボロの家屋で、グーグルアースで今でも見える。

 やまゆり園(11年前に民営化)は、神奈川県相模原市緑区千木良476で、同じ緑区で、近所と言える。

死傷者収容先の北里大学病院は、731部隊と関係あるみたいだし。
神奈川県相模原市南区北里1−15−1

 

近くに、キャンプ座間もある。
神奈川県相模原市 座間市キャンプ座間

よろしかったら、クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 薬疹・薬の副作用へ
にほんブログ村

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

政治・社会問題

無料ブログはココログ