世界の事件

2017年1月15日 (日)

イスラエルは孤立しつつあるのだろうか?

 イスラエルの偵察衛星が、シリアにロシアの高性能地対地ミサイルが配置されテイルのを発見、イスラエル全域が射程圏内に入る。(櫻井ジャーナル様)

 

Photo

 去年12月20日、ロシアでロシア・トルコ・イラン3カ国の外相会議が行われたが、ラブロフ外相によると、3カ国の外相は、アサド政権と反体制派の和平合意が成立した場合に合意内容の履行を保証することで合意した。3カ国がシリア内戦の終結へ連携していく姿勢を示した。

 この参加国の外相会談の前日には、トルコのアンカラの美術館でロシア大使が暗殺されるというニセ旗テロが発生していた。誰も死んだ形跡なし。トルコとロシアがグルでやったニセ旗としか思えないのだが、その目的は、三カ国外相会議を妨害するためにダーイッシュ(ISIS、IS、など)にやられたということにしたいのだろうか?そして、そのトルコでは、テロが頻繁に起こっている。まあ、トルコはシリア侵略勢力の拠点になっているのだから、起こってもおかしくはないが、ISは、1月1日のナイトクラブ乱射事件で犯行声明を出しただけで、その他のテロについて、犯行声明を出していない。ロシア大使暗殺ニセ旗テロがあっただけに、テロを起こしたのはダーイッシュではない可能性もある。トルコ政府の自作自演とか?今まで支援してきたダーイッシュを一掃するため?

 とにかく、ロシア・トルコ・イランは、シリアに関して手を組んだ。

 

 12日、米軍続々ポーランド入り。この意味は、ロシア牽制にあるのは、明らか。なりふり構わず進軍してきたと言うことなのだろうか。

 【オルシナ(ポーランド)AFP=時事】エイブラムス戦車87両、兵員輸送装甲車約500台-。冷戦終結後最大規模と言われる米軍部隊が12日、ドイツから国境を越え、ポーランド西部オルシナに到着し始めた。ウクライナ危機を受け、オバマ政権が2014年に発動した東欧防衛強化策の一環で、最終的に3000人を超える兵力がポーランドに展開する。
 ロシアのペスコフ大統領報道官は12日、これを受け「ロシアの国益と安全保障を脅かす軍事活動だ。ロシアの欧州の玄関口で第三国(米国)が軍備を強化している」と強く反発した。(2017/01/13-00:49)

 
 アメリカ国務長官、「ISISの結成目的はシリア政権の打倒」と、アメリカ政府がISISを結成したものであるとばらしている。

英語のインターネットサイト、オフ・ガーディアンによりますと、ケリー長官は、シリアにおけるアメリカの主要な目的がアサド政権の打倒であるとし、「アメリカ政府は、この目的を果たすためにISISの結成を許可した」と語りました。

また、「アメリカは、ISISの結成やこの組織の権力増大により、シリアのアサド大統領にアメリカの望む外交的な解決手段を見出させ、退陣に追い込むことを希望していた」とし、「アメリカは、この2つの目的達成のために、ISISの一部のメンバーを武装化した」と述べています。

さらに、「アメリカ政府は、ISISがいつでもより強大化することを視野に入れていた」とし、「アメリカは、シリア政府がロシアに軍事支援を依頼するとは予想していなかった」としました。

この報告によりますと、シリアの反体制派グループの代表者との会談における、ケリー長官のこの談話の音声ファイルは、これ以前にCNNやアメリカの新聞ニューヨーク・タイムズに公開されていましたが、アメリカのISIS支援に関するおよそ35分間の部分は、アメリカのメディアにより検閲、削除されていました。

なお、内部告発サイト・ウィキりークスは、オバマ政権にISISが結成されたことに関する、アメリカの次期大統領トランプ氏の発言を認証し、昨年9月22日に行われたケリー長官のこの表明の音声ファイルを公開しています

 2015年3月8日の時点で、ISISのインチキさはバレているが、米国の国務長官が認めたことはすごいと思う。

人質2人の殺害で日本でも一挙に有名になった中東のISIS(イスラム国)は、米国やNATOが全力で倒そうとしているはずの「仇敵」だ。日米欧では、そう報じられている。ところが最近、米軍やイラク軍がISISと戦っているイラクの現場で、米国や英国の飛行機やヘリコプターが、ISISに武器や食料を空輸して投下しているのが多数目撃され、イラクの政府軍や民兵が、こうした利敵行為をする米英の飛行機やヘリを撃墜する事件が相次いでいる。 (Terrorists Supported by America: U.S. Helicopter Delivering Weapons to the Islamic State (ISIS), Shot Down by Iraqi "Popular Forces") 

<略>

 シリア南部では、最近の記事に書いたように、ISISの兄貴分組織であるアルカイダのアルヌスラ戦線を、停戦ライン越しにイスラエルが支援している。ISISもアルヌスラ(アルカイダ)も人殺しやテロを頻発している。ISISやアルカイダを支援する米英イスラエルは、本来なら経済制裁されるべき「テロ支援国家」だ。テロ支援国家を経済制裁する「テロ戦争」の枠組みを作ったのは米英イスラエルで、彼らが判事役でもあるので、自分たちが決まりを破っても制裁されない。米国はかつてアルカイダを作ったうえ、彼らが911事件をやったことにする自作自演の構図の上にテロ戦争を開始した。今またISISやアルヌスラを使ってテロ戦争を再燃させている。 (ISISと米イスラエルのつながり) (テロ戦争を再燃させる

<略>

 去年の12月23日に、オバマ大統領が拒否権を発動させずに米国は棄権したので、国連安全保障理事会は、イスラエルによる入植地建設を非難する決議を採択した。

 とまあ、いろんなことが起きた。ISISの正体がばれて、米国とイスラエルの悪事がバレて、今までISISの支援国だったトルコが、ロシアに接近する。イラクとイランは協力してISISに立ち向かっているし。イスラエルが中東で孤立する方向へと行っているのだろうか?

 次期大統領トランプ氏が、ツイッターで、下記のように考えを示したので、米国だけがイスラエルの拡張政策を支援することになるのだろうか。

「国連に関しては(就任式がある)1月20日以降に事態が変わるだろう」と発言し、自身の大統領就任後はパレスチナ人が国連での土台を失うだろう

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

2016年12月27日 (火)

25日早朝、ロシア国防省所属のTu154型旅客機が、ソチを離陸して約2分で、黒海に墜落した。

 25日早朝、ロシア国防省所属のTu154型旅客機がソチを離陸して約2分で、黒海に墜落した。

 同機は、
モスクワ郊外の軍用飛行場からシリア西部ラタキア近郊のロシア空軍基地に向かっており、ソチには給油で立ち寄った。乗客84人と乗員8人の計92人に生存者はいないと思われる。乗客の多くは、ロシア軍所属の楽団「アレクサンドロフ・アンサンブル」のメンバーで、報道関係者9人と、紛争地の支援に取り組む医師のエリザベータ・グリンカ氏も搭乗していた。

 「アレクサンドロフ・アンサンブル」は世界的に有名な合唱団・演奏団とのこと。シリアのロシア軍基地で新年コンサートを行う予定だった。また、シリア政権軍が制圧を宣言したばかりの北部アレッポで記念演奏会を行う予定があったらしい。
 

 機体の破片は広い範囲に飛散、現在、ブラックボックスが一つ回収されたとのことである。


 ロシア国防省は、事故機のパイロットと事故機について、下のように語っている。

 事故機を操縦していたのは、ロマン・アレクサンドロヴィチ・ヴォルコフ氏で、彼は、一等飛行機操縦士であり、合計飛行時間3000時間以上のベテランパイロット。ヴォルコフ氏は、同機で何度もシリアへ飛行。また同機は、シリアにあるフメイミム基地で戦闘航空部隊の移動の際にリーダー機などとして使用された。




 今回、墜落したのは、ロシア国防省に属する飛行機で、民間旅客機が墜落したのとは事情が違うと思う。セキュリティ、整備とも万全を尽くしていると思われるし、飛行機もパイロットも信用できるものだったわけで、それでも墜落したとなると、やはり、テロが疑わしい、、、、と思ったのだけど、ロシアの旅客機には寒い事情があるようで、機体に問題ありの線も捨てきれなさそうで、パイロットの操作ミスもそりゃああり得るわけで、それも視野に入れて捜査するのは当然だし、地上で航空機の破片で負傷した人もいることから、航空機は空中で爆発したと考えられると、テロも視野に入る。というわけで、今は、原因は全くわからないという状態。ま、そりゃそうだ。

 ま、とりあえずメモということで。



Tu-154、墜落の原因は?

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

2016年12月26日 (月)

トルコ美術館ロシア大使暗殺事件とベルリンのクリスマス市トラック突入12人死亡事件は、ニセ旗テロ。

 12月19日、全米50州とコロンビア特別区で、538人の選挙人が州都に集まって投票を実施した結果、共和党のドナルド・トランプ氏の勝利が正式に確定した。


●同日、トルコのアンカラで行われた写真展で、
ロシアのアンドレイ・カルロフ駐トルコ大使が、開会式のスピーチをしている最中に、トルコの警官に射殺されるという事件が起きた。銃撃した警官はメブリュト・メルト・アルトゥンタシュ容疑者(22)と判明した。同容疑者はトルコの治安部隊によって射殺された。ロシアは捜査員18人を派遣し、トルコ当局と連携して捜査に当たっている。


●同日、ドイツ(ベルリン)では、クリスマス市にトラックが突入して、12人が死亡したという。

●同日、スイス(チューリッヒ)では、イスラム・センターで銃撃があった。

チューリヒのイスラミック・センターで発砲、3人負傷-容疑者捜索中

 

スイスのチューリヒで19日、主要鉄道駅近く のイスラミック・センターで礼拝中の人々への発砲があり、男性3人が 負傷した。警察当局が容疑者の捜索を続けている。

警察の発表資料によれば、現地時間19日午後5時半(日本時間20日 午前1時半)ごろ、男1人が同センターに入った。負傷したのは30 歳、35歳、56歳の男性で病院に搬送された。発砲のあった現場からわず か数分の場所で別の人物の遺体がその後見つかったという。ただ、事件 と関連があるのかどうかは不明。

●同日、ベルギー(ブリュッセル)でも警察沙汰があったようだ。詳細は全くわからない。




 上記19日に起きた事件のうち、ロシアのトルコ大使射殺事件とベルリンのクリスマス市トラック突撃事件は、どうやらニセ旗テロとみて良さそう。後の二つは詳細がわからないので、なんともいえないけど。

 まず、ロシアのアンドレイ・カルロフ駐トルコ大使が、開会式のスピーチをしている最中に、トルコの警官に射殺された事件


 上の動画で、大使が撃たれて倒れる瞬間が繰り返し再生されているが、大使のチョッキの左ポケットから、何かが吹き出しているのが見て取れる。大使の倒れる瞬間は、撃たれて即死して倒れたような感じではなく、ちょっと顔をしかめてしゃがんだような感じ。そして、仰向けに倒れていた。しかし、血が一滴も認められない。犯人の警官が撃ったあとの銃は、弾が入っていなさそうな、空砲だったのじゃないかと思える。

 モスクワから人員がアンカラへ派遣され、大使の奥様もみえて、大使の遺体は、モスクワに帰ったということだから、ロシアもグルのニセ旗テロだったのだろうか。

 この大使は、長年北朝鮮の大使を務めていた。ロシアは共産主義国家だったわけで、同じく共産主義国家の北朝鮮と国交があったし、今もロシア大使がいるほど。そして、北朝鮮はアメリカの属国として動いていることを考えれば、北朝鮮は、ロシアとアメリカが秘密の会合を持てる国なのじゃないかって気がしてきた。この事件は、ロシア・アメリカ・トルコが協力してのニセ旗テロなの?もしかしてだけど。


 上の動画には、大使以外に倒れた男性が写っているが、彼も血が全く出ていない。単にうつぶせに倒れているだけ。

 蜂の巣状態に撃たれている犯人の死体は、血みどろではなく、壁に血が飛び散っていなく、床に少しの血らしきものがある程度。

 現場に居合わせた数人の様子は、左端の女性がよい仕事をしているが、その他は、無表情といって良さそうな感じ。すぐそこに銃を持った犯人がいるというのに、人が撃ち殺されているというのに、恐怖している様子がない。クライシスアクター・アクトレスで、それも大根。


 結局、誰も死んでいないニセ旗テロだったと思う。



 ベルリンのクリスマス市トラック突入12人死亡事件

 犯人とされるチュニジア人が、ミラノで警官と銃撃戦の末、射殺されて、一件落着にするようだが、この銃撃戦自体もインチキくさい。



 ↑銃撃の末に犯人が射殺された現場?血痕が、まったく見当たらないし。


 クリスマス市トラック事件は、フランス・ニース・トラックニセ旗テロとそっくりで、市に突入したという大型トラックのフロントガラスは幅広くひび割れて、大きく破れたところからクリスマスツリーがめり込んでいる。トラックのフロントガラスは、タメージが大きいが、その他は損傷がないし、12人が死んだというのに血の跡が全くなく、これも誰一人として死んでいないとしか思えず、ニセ旗テロと思われる。
死者12人の名前が公表されていないようだし。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

2016年12月20日 (火)

19日トルコでロシア大使が暗殺さる。20日モスクワでロシア・トルコ・イラン外相会談→アレッポへの対応

 19日、トルコでロシア大使が暗殺されるという事件が起きた。事件翌日の20日の今日は、アレッポへの対応を協議するため、モスクワでトルコとイラン、ロシアの会談が予定されているというから、ごく単純に考えると、この会談を妨害するためと思われる。 ロシア外務省はこの事件を「テロ攻撃」と形容。両国とも、関係改善を目指す取り組みに影響が及ぶことはないとの認識で一致。ツイッターによると、まさに今、ロシアとトルコの外相会談が開かれているもよう。

 

 犯人は、警備に当たっていた警察官(←訂正、身分証を見せて侵入した警察官の間違い)で、アレッポを支配していた反政府軍側だと思われるが、その反政府軍の正体とは、米国、イスラエル、トルコ、サウジアラビア、カタール、ヨルダンに、フランスとイギリスとドイツも加えてよいようで、要するに、西側諸国と西側につくアラブがシリア反政府軍を構成しているようだ。

アレッポでシリア政府軍は米国、イスラエル、トルコ、サウジアラビアなどの将校を拘束との情報」(櫻井ジャーナル様)




トルコ警官、ロシア大使を暗殺 美術館でスピーチ中に銃撃(CNNジャパン様)

 カルロフ大使はアンカラ市内の現代美術館で行われた写真展の開幕式でスピーチしていたところを警官に銃撃された。

 銃撃した男は、「アラー・アクバル(神は偉大なり)。アレッポを忘れるな。シリアを忘れるな」と叫んだ。

 ↑では、「我々は、おまえたちのようにアレッポの市民を殺さない」と叫んだという。


 



 ヨーロッパで事件が立て続けに起きているが、これら全部、20日
モスクワで行われるトルコとイラン、ロシアの会談に関係しているのでは?



 ↓こちらのブログで、事件の時系列が書かれている。
プーチン来日の後、トルコの警官がタキシードを着てアンカラのSu25撃墜の国交回復の写真展に身分証を見せて侵入。「神は偉大なり。アレッポとシリアを忘れるな。」と叫んでロシア大使を銃殺。update1(弁財天様)

2016年
12月19日

16:49GMT トルコ・アンカラのSu25撃墜の国交回復の写真展にタキシードを着た警官が侵入。「神は偉大なり。アレッポとシリアを忘れるな。」と叫んでロシア大使を殺害。
18:01GMT ロシア大使が殺害された美術館から2.5マイルの米大使館の外でショットガンを持った男が空に向けて発砲。「オレ達にかまうな。」
18:30GMT スイス・チューリッヒのイスラミックセンターに男が侵入。銃撃。3人負傷。
20:20GMT ドイツ、ベルリンでトラックがクリスマスマーケットで暴走。12人死亡。



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

政治・社会問題

無料ブログはココログ