EU

2016年6月29日 (水)

EUがバベルの塔ならば

 イギリス国民投票でEU離脱派が勝利したが、これで、EU離脱が決定したわけではなく、今後の交渉に委ねられるということと、(一時的なものと思われるが)離脱勝利で市場や政治の混乱がおきていること、残留派は若年層富裕層・支配層メディア側であることからアンチ離脱の喧伝の声が大きいことが、要因になっていると思うが、離脱に投票した人のうち後悔している人が、71%に上るらしい。



 離脱派のダンカンスミス前雇用年金相は、離脱すればEUへの拠出金を全額国営医療制度に充てられると強調していたそうだが、EUからの還付金や助成金は差し引く必要がある全額じゃないだろ!ということで、今、責められているようなのだけど、差し引いて考えるなんて当たり前のことなのじゃないのかな?責められるようなことなのかな?揚げ足取りみたいなものじゃないかと思う。

 イギリスのEUへの拠出は、週35千ポンド(約470億円)だというから、1年を52週としたら、年間15626万ポンド(24440億円)を支払っていることになる。
 イギリスがEUから受け取る還付金や助成金を差し引くと、純粋な拠出額は(週だと思う)約16千万ポンド(約251億円)だというから、年間だと832000万ポンド(13052億円)になる。計算、間違ってないかしらん?

 返ってくる分を差し引いて、イギリスは年間13052億円が浮くことになる。これって、結構すごい金額だと思う。これだけあったら、イギリス国営医療サービスをかなり向上させられるのは確か。前雇用年金相はこれをちゃんと説明すればいい。

 

ただ、離脱できるかどうかは今後の交渉にかかるわけで、最低2年はかかる。世論が二分されたまま、最低2年は過ごさなければならないわけで、ストレスなことである。

 ところで、EU本部の建物は、バベルの塔にそっくりだと言われている。

http://euro-med.dk/bil/billedertower-painting-parliament2.jpg
http://euro-med.dk/bil/billedertower-painting-parliament2.jpg                       

 確かに似てるよね。EU本部建物は、バベルの塔を模したものだといえそう。EUはバベルの塔なんだね。

 

 バベルの塔とは、

旧約聖書の「創世記」中に登場する巨大な

神話とする説が支配的だが、一部の研究者は紀元前6世紀のバビロンのマルドゥク神殿に築かれたエ・テメン・アン・キジッグラト(聖塔)の遺跡と関連づけた説を提唱する[1]

実現不可能な天に届く塔を建設しようとして、崩れてしまったといわれることにちなんで、空想的で実現不可能な計画を比喩的に「バベルの塔」という[2]

語源

正確には「バベルの塔」という表現は聖書には現れず、"the city and its tower"もしくは"the city" と表される。バベル(𒁀𒀊𒅋𒌋)はアッカド語では神の門を表す。一方聖書によるとバベルはヘブライ語のbalal(ごちゃまぜ)から来ているとされる。

・・

解釈

ヨセフスによる「ユダヤ古代誌」

ニムロデは、 もし神が再び地を浸水させることを望むなら、神に復讐してやると威嚇した。水が達しないような高い塔を建てて、彼らの父祖たちが滅ぼされたことに対する復讐するというのである。人々は、神に服するのは奴隷になることだと考えて、ニムロデのこの勧告に熱心に従った。そこで彼らは塔の建設に着手した。……そし て、塔は予想よりもはるかに早く建った

ラビ伝承

ノアの子孫ニムロデ(ニムロド)王は、神に挑戦する目的で、を持ち、天を威嚇する像を塔の頂上に建てた

原初史といわれ、史実性が疑わしいアブラハム以前の創世記の物語の中で、バベルの塔の物語は世界にさまざまな言語が存在する理由を説明するための物語であると考えられている。同時に「石の代わりに煉瓦を、漆喰の代わりにアスファルトを」用いたという記述から、古代における技術革新について述べ、人類の科学技術の過信への神の戒めについて語ったという解釈もある。

グノーシス主義におけるバベルの塔の解釈

グノーシス主義においては、「聖書の神=ヤハウェ」は「ヤルダバオート」と呼ばれる「偽りの=悪魔」である。逆に「聖書の悪魔=蛇」こそが、人類に「知恵(理性)」を授けた「真の神」である。バベルの塔の建設者はニムロデとされ、彼もまた、「偽りの神=悪魔」に反逆し、バベルの塔を建設しようとしたことから、神に反逆して地に堕とされた「堕天使=悪魔」と同一視され、「真の神」とされる。

よって、当然の結果として、聖書の記述も、聖書の神の言葉は「偽りの神=悪魔」の言葉として、正反対に解釈することが正しいとされることになる。

グノーシス主義においては、聖書における「神」と「悪魔」の立場が入れ替わっている。それは即ち、聖書における「善」と「悪」の「規範・価値」が逆転・倒立することを意味する。

バベルの塔の記述に則して言えば、それは言語だけにとどまらず、バラバラになった言語・民族・宗教・思想・文明・文化・経済・通貨・国家・人種・身 分・性別・家族・人間の自他の意識などを統一(=それらの区分区別の廃止=破壊)し、即ち、バベルの塔を建設し、人間が「偽りの神=悪魔=ヤルダバオー ト」に代わって神の座に就き、「真の神=聖書の悪魔」より与えられた「知恵(理性)」をもって、世界を支配することが正しい、という解釈になる。

「神は我々の企てを支持される」

それは「偽りの神=悪魔=ヤルダバオート」が命じた「古き世界(時代)の秩序」を破壊し、「善」と「悪」の「規範・価値」を逆転し、「新しき世界(時代)の秩序」を作り上げることを意味する。

 

EUの建物がバベルの塔ならば、EUは、空想的で実現不可能な計画ということになる。そして、ごちゃまぜを意味する。そして、神に背いたニムロデが建設した。

グノーシス主義においては、聖書における「善」と「悪」の「規範・価値」が逆転・倒立しているというのは、つまり、神が悪魔にされて、悪魔が神になっていて、その神がニムロデ。

キリストが神だとすると、バベルの塔はニムロデと言う悪魔が建設した。グノーシス主義と言うのは、悪魔崇拝みたいだ。

言語・民族・宗教・思想・文明・文化・経済・通貨・国家・人種・身 分・性別・家族・人間の自他の意識などを統一(=それらの区分区別の廃止=破壊)し、即ち、バベルの塔を建設し、人間が「偽りの神=悪魔=ヤルダバオー ト」に代わって神の座に就き、「真の神=聖書の悪魔」より与えられた「知恵(理性)」をもって、世界を支配することが正しい。

というのは、NWO・ワンワールドの考え方そのもの。EUはやはり、NWOとみてよさそう。神になった悪魔によってヨーロッパは統合された。また、バラバラになるのも運命づけられているようなものなので、イギリスの一件は想定済みであるが、そこは悪魔の組織だから、抜けるための混乱は用意されているというものだと思う。イギリスだけではなく、EU参加国だって不満がたくさんあるので、次々抜けるということも想定済みだと思う。そして、ヨーロッパを混沌とさせたいというのが狙いだったりするかも。

離脱するも残留するもストレスがかかるという状態は、何かに似ていると思ったが、そう、向精神薬を減断薬するも服用し続けるも地獄と言うのに似ている。我が息子がそうだった。しかし、どちらも地獄に違いないが、希望があるのは減断薬していく方。それしかない。

EUだって、当面苦しいだろうけど、脱出した方が、結局は良い結果を得られると思う。2年間は、減断薬期間みたいなものだね。後、後遺症が一定の期間残るかもしれないけど。



よろしかったら、クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

2016年6月27日 (月)

イギリスのEU離脱派に対する攻撃が結構激しいけど。

 イギリスのEU残留か離脱かを問う国民投票は、離脱派の勝利に終わったが、離脱派に対する攻撃が結構激しい。

 東京新聞からして、高齢者に離脱派が多く、44歳以下に残留派が多いが、高齢者の方が選挙に行く率が高いから、離脱派が勝利した、今後影響を受けるのは若年層なのに、若者の将来が高齢者の投票行動に左右されたと書いている。

 が、離脱派は、EU加入で、英国の政治的主権が奪われていることや選挙で選ばれてもいないEU官僚によって物事が決められていくことに反発しているのであるし、おそらく、高齢者や下層労働者はEU加盟で実際にデメリットを受けているからこそ、離脱派にいるのだと思う。それに、意気揚々とした若者だって、やがては高齢者になるし、いつ何時、失業したり下層労働者になってしまうかもしれないのではない?また、EU離脱したからといって、若者が大陸欧州で働くことも留学することもできなくなるわけじゃないでしょうし。

 なにか、若者と高齢者、下層労働者と上層労働者という対立をあおるっているようにみえるけど、それは本質的ではないよね。

 そのほかの脅しとしては、EUから離脱すればイギリスのGDPは降下し失業率は悪化する。英国は貧乏になる、というのがあるが、どうしてそうなるかが説明できていない。むしろ、EU加入で格差が広がり、失業も増えたのではないだろうか?移民に職を奪われているだろうし、移民と低賃金競争をさせられていると思う。

 どう考えたって、EUの様に多くの国を一つにすることの方に無理があると思う。みんな違ってみんないいんだ。

 ヨーロッパを一つにまとめてしまいたいのは、支配者層だと思う。その方が、共通の通貨、共通のルールでコントロールが簡単なので都合がいい。ワンワールド、ワンヨーロッパだよね。メディアは支配層の片棒を担ぐものだから、EU離脱のデメリットを騒ぎ立てる。

 

 また、離脱派を脅すのは、「離脱ドミノ」を恐れているからというのもあり、オランダ、オーストリア、フィンランド、ハンガリーで離脱機運が高まる恐れがあるという。


 ま、離脱派が勝ったとはいえ、ほぼ拮抗していて、世論は二分されているとみてよいから、住民対立が起きなければいいと思う。これだけがちょっと気がかりだ。


よろしかったら↓クリックよろしくお願いしたします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

2016年6月21日 (火)

イギリスでEU残留派の女性議員が殺害された件-CIAのMK計画を連想

 イギリスで、EU残留か脱退かの国民投票が、6月30(23日の間違いでした)日に行われるが、庶民間で残留か脱退かの議論が活発に行われる最中の16日に、残留派のジョー・コックス議員が殺害され、EU離脱に関する政治活動が一時停止となったが、それに、よく似た事件が、666週前のスウェーデンであったという。


ユーロ通貨導入の投票前にもスウェーデンの女性議員が殺害・666週間前の話

2003年、スウェーデンではユーロ通貨統合に関する国民投票がありました。イギリスの事件と同様、スウェーデンでもユーロ通貨の導入を拒否する勢力が上回った状態でした。

そんな折、国民投票の3日前の2003年9月11日、ユーロ導入に賛成であったアンナ・リンド外相(写真左)が買い物中に残虐に刺殺されました。

メディア上でのユーロ通貨導入に関する議論は一時停止され、殺害された議員に対する賞賛に置き換えられました。

 確かに似てる。どちらも女性議員で、EUに賛成派。スウェーデンの事件は残虐に刺殺されたとのことなので、イギリスの件でも銃打ちながら刃物で刺しているというから、執拗な殺され方が似ている。しかも、犯人が「精神疾患」だった点も同じだという。


 EUに賛成する議員が殺されてはいるが、賛成している面々は支配層。

 ヨーロッパを通過ユーロで統合するということは、ヨーロッパ各国の中央銀行を排して、一つにするということだから、各国は通貨での独自の経済調整能力を失うことであり、一つの通貨政策で全ヨーロッパの経済を支配できるということになるから、支配層にとって好都合と言える。

 だから、本来は暗殺される側にいない女性議員が、暗殺されているわけで、ということは、逆の効果を狙ったものなのだろうか?


 本当に薄気味悪い事件である。そして、犯人が「精神疾患」というのが私にはとても気になる。

 精神疾患だというからには、犯人は、精神病院へ通院していたか、入院歴があると推測する。ということは、精神薬を服用していると考えられるわけで、この精神薬の作用で、引き起こされた事件なのかもしれない。


 そこで、思い出すのが、CIAのMKウルトラ計画。

■■■第3章:「MKウルトラ」実験の実態

 MK計画とは、1950年代初頭から少なくとも1960年代末まで、CIAが国の名のもとで、人をマインドコントロールするために、LSDや電気ショックなどをもちいて行った実験を言う。多くの人が知らないうちに実験材料とされ、死亡したり自殺したり身体障害者になったり精神が破たんしたりしたという恐るべき実験だ。

 「MKウルトラ」は1960年代前半に終了したが、その後、「MKサーチ」と暗号名を変えて、1972年まで研究が続けられた、という。

 人を薬物でマインドコントロールして、暗殺者に仕立て上げるという技術は、すでに完成しているのではないかと思う。

 例えば、1980年12月8日のジョン・レノン暗殺

 暗殺までの事件当日の出来事


<略>
チャップマンがジョンに『ダブル・ファンタジー』を無言で手渡し、ジョンがサインした。

アルバムにサインし終えたジョンが「君がほしいのはこれだけかい?」(Is this all you want?)と尋ねると、チャップマンは笑顔で頷いた。写真家でジョンのファンであるポール・ゴレシュ(Paul Goresh)は、この遭遇の瞬間を写真に収めている。 チャップマンは、その日の午前中からダコタ・ハウスの外でジョンを待ち構えており、午後にはベビーシッターのヘレン・シーマン(Helen Seaman)と共に帰宅したところのジョンの息子ショーン(当時5歳)にも遭遇している。チャップマンによれば、彼はショーンの手を、ちょっとの間触ったという。


<略>



ダコタ・ハウスのドアマンで元CIAのエージェントであったホセ・サンヘニス・ペルドモ(英語版)と付近にいたタクシー運転手は、チャップマンが歩道上で、玄関アーチの陰にひそんで立っているのを目撃している。ジョンはチャップマンの前を通り過ぎる際、チャップマンを一瞥し、先に会ったこと思い出していたようであったという。その数秒後、チャップマンはチャーター・アームズ社(英語版)製の.38スペシャル弾用回転式拳銃でジョンの背中の中央に狙いを定め、 ホローポイント弾を5発、およそ3m(9~10フィート) 離れたところから立て続けに発射した

<略>

それからおよそ2分後に警官達が現場に到着すると、「とても静かに」歩道上に座っているチャップマンを見つけた。その時チャップマンは、銃を路上に放り出してJ・D・サリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』のペーパーバックを持っていた、と警官達は報告している。チャップマンは即座に手錠をかけられてパトカーの後部座席に押し込まれた。チャップマンは逃げようとしたり、逮捕に抵抗する様子が全く無かった。


その後、ビル・ギャンブル巡査(Bill Gamble)とジェームズ・モラン巡査(James Moran)のチームはジョンの負傷がひどいことを知り、救急車を待たずにジョンをパトカーの後部座席へ乗せてルーズヴェルト病院へ搬送する。

パトカーの後部座席からモラン巡査がジョンを背負って患者搬送用の台車付き担架の上に載せると、救急救命室へ搬送する途中、医師に複数の銃傷を受けた患者の処置を依頼した。ジョンは到着時には既に脈拍がなく呼吸も止まっていた。

死因は、胸部と大動脈弓を貫通している複数の銃傷のため、循環血液量の80%以上を失ったことにより引き起こされた「出血性ショック」と報告された。ジョンの検視を担当した病理学医はその報告書において、どんなに迅速に医療処置を施したとしても、このように多くの銃傷を負って数分以上生存することは、誰にとっても不可能であると述べた

院の外科医は、他の目撃者と同様、ジョンの死亡が宣告された時に院内放送でビートルズの楽曲『オール・マイ・ラヴィング』が流れていたと述べている

ジョンの背中に当たった4発の銃弾の内、3発は胸部から外に出てジョンの体を貫通しており、もう1発は心臓のそばの大動脈に当たって止まっていたため、合計で銃傷は7つとなり、そのほぼ全てが致命傷であった。 
ジョンは4発のホローポイント弾(標的に当たると膨張し、標的の体内の通る際に組織をより大きく損傷させる)で撃たれていた。そして弾丸の作用が及んだジョンの器官、特に左の肺と心臓周辺の主な血管が、衝撃によりほとんど破壊されていた。リン博士は「もし(ジョンが)、処置の準備が整った外科医のチームが待機している処置室の中で同じように撃たれたとしても、損傷から生還することはできなかっただろう」と述べている。



 写真家でジョンのファンであるポール・ゴレシュ(Paul Goresh)は、この遭遇の瞬間を写真に収めているとは、出来すぎた偶然ではないだろうか。

 1995年4月23日、オウム真理教村井秀夫氏が、200人を超えるマスコミ関係者が集まり監視中の東京都港区南青山にあった教団東京総本部前で、生放送中に刺殺された事件があったが、その時も、村井の到着を待っている時の犯人の姿がカメラに捉えられていた。似てるよね。ジョン・レノンの場合と。

 そして、 ホローポイント弾(標的に当たると膨張し、標的の体内の通る際に組織をより大きく損傷させる)という特殊な弾を執拗に打ち込まれている。

 なんと、ジョンの死亡が宣言されると院内放送で、ビートルズの楽曲『オール・マイ・ラヴィング』が流されたとは、ジョンが担ぎ込まれ死亡することを知っていて用意していたかのようだ。

 MK計画は、ジョン・レノンの時には、実用段階にすでに入っていたのかもしれない。村井秀夫殺害事件も2002年10月の石井紘基民主党議員暗殺もそうだったのかもしれない。犯人は、逃げないか逃走した場合でも全員捕まっている。薬物または何らかによって洗脳されての犯行は、命令者には及んでこないということだろうか。

 最後に、精神科で処方される向精神薬には気を付けた方がいいですよ。


【リンク先から引用】
1994年1月16日、『USニューズ&ワールド・レポート』誌は、       

「冷戦時代にCIAが中心となって、麻薬や催眠術を用いた人体実験──洗脳実験を行なっていたことは、紛れもない事実である」と報じた。大学や監獄、精神病院で、CIAは被験者に麻薬を与えて薬がどのような影響を及ぼすかを観察、電気ショックと睡眠薬を交互に与えるなどの人体実験を行なったという。

そして同誌は、クリントン政権は冷戦の遺物である「MKウルトラ」の被害者については、歴代政権同様、無視する方針を変えていないと指摘した。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 薬疹・薬の副作用へ
にほんブログ村

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

政治・社会問題

無料ブログはココログ